【ウイニングポスト8 2017】未介入プレイでの確立年表

ウイニングポストをマイペースにプレイしている。最初は未介入の1周目のプレイで金札回収を目指した。
むろん、1周目なので金札もないので、歴史にはまったく介入できなかった。

プレイ傾向により、系統確立の年数は大きく変化するので、あくまで目安にどうぞ。

1周目の確立年表

確立した系統(1周目:ノーマルAモード)
1982ボールドルーラー系親系統昇格
1983ミルリーフ系確立
1987ミスタープロスペクター系確立
1990ブラッシンググルーム系確立
1991ダンジク系確立
1992ノーザンテースト確立
1994ミスタープロスペクター親系統昇格
1996ストームバード子系統系確立
1997ヌレイエフ子系統系確立
1998シアトルスルー系確立
1999サドラーズウェル確立
2000ストームキャット系確立
2001サンデーサイレンス系確立
ダンジグ親昇格
2003デインヒル確立
2004ゴーンウエスト系確立
2005子:エーピーインディ系確立
2007サンデーサイレンス系親昇格
2009サドラーズウェル系親昇格
2010ディンヒル親昇格
2011ストームキャット親昇格
2013ガリレオ系確立

1周目の感想

まず、札回収と資金回収プレイを1周目はした。ほぼ自動プレイだったので、系統確立に関して驚いたこととやっぱりなと思ったことを書いてみる。

驚いた、オートプレイで確立された系統

デインヒル非所有でも確立され、そのまま親系統までの流れである。ウイポ7、ウイポ8無印をプレイしているけど、デインヒルは所有しないと確立するのはちょっと大変だった。

所有させすれば、いつでも自然確立されるので、絶対に所持すべきだ。

フタバ
フタバ

1995年の金札で輸入種牡馬として導入されるので、絶対に所持だ。確立されるまで自牧場で所有していれば自然確立されるぞ。

光

ST系統になれる貴重な種牡馬なのも非常にいい。

あとオートプレイとはいえ、ノーザンテーストが確立されたこと。理由は不明だが、自動確立されることもあるようだ。

まあ、たぶんノーザンテースト系の牝馬が活躍したのだろう。2100年まで早送りしたので確かめるすべはないけど。

系統確立させるなら、スルーオダイナやメジロアルダンなどを自己所有すれば確実だろう。

ストームバートとヌレイエフも自動で確立されている。私はこの2つの系統に関しては自家生産馬、史実馬で常にサポートしていた。

ヌレイエフならヒシアマゾンをアメリカに遠征させていたし、ストームバート系はストレームバート直仔を弱くてもいいから種牡馬入りさせていた。

ウイポ2017からはヌレイエフ、ストームバードの2系統はサポートしなくても勝手に確立される可能性が増したようだ。まあ、母父として優秀なので繁殖牝馬の血統向上のためにも種付けしてOKだ。

やっぱり、確立されなかった系統

まず、リヴァーマンは介入しないと確立されない。リヴリアを輸入種牡馬として自牧場に繋養できないことはあまりにも大きいということだ。

リヴァーマンが確立できないとネヴァーベント系を親昇格できないので、介入する時は確立したい。

光

ネヴァーベンド系の子系統が滅亡しちゃう

フタバコウジ
フタバコウジ

SP、ST系統にならないし、後継種牡馬もいないから気にしない。(

鬼)

あとはトニービン系である。こちらも輸入時にトニービンを輸入する、エアタブリンを所有すると確立は楽になる。しっかりサポートすれば確立できるだけに痛い。

ブライアンズタイムも確立されない。やはりナリタブライアンの早逝、ヘイルトゥーリーズン系の大流行が系統確立失敗の原因だろう。

最後にキングマンボ系も確立されない。キングマンボ、エルコンドルパサーを自牧場でシンジゲートを組まずに繋養していれば、ほぼ確立される。というより上記の2頭を自牧場で所有していれば、確立されないことは経験上1度も無い。

しかも、エルコンドルパサーはウイポ的には子供のヴァーミリアン、トウカイトリックが1000万以上で種牡馬入り可能である。

キングマンボはエルコンドルパサーだけでなくキングカメハメハも種牡馬と優秀なので、親系統も夢ではない系統なのでキングマンボが確立されないのは痛い。

 

 

コメント