【テレビ番組から本を選択する方法】テレビのメリット・デメリットについて

 
アイキャッチ TVから本を選択する方法
この記事を書いている人 - WRITER -
フタバコウジ
年間300冊読めたので、読書が中々定着しないで困っている人に本の読み方を教えたいと思いサイトを立ち上げました。ニートでゲーム、ネット依存症だったので、読書のやり方だけでなく健康や睡眠のことも書きます。

TV番組を見る人はかなり多いです。私も好きなテレビ番組を見てから、多くの本を読んでます。

TVから本を探すきっかけが私にはかなりあります。TVは今でも身近なものなのでせっかく読書を増やすきっかけづくりのTV活用法を皆さんに教えたいと思っています。

読書が苦手で、TVが好きな人で読む本がないという人は是非この記事を参考にしてください。

TVから本を探す方法なんて簡単

自分が気に入っているTV番組があるはずです。そのTV番組に出演している人の中で「この人面白い」という人と「その番組」の本を読むのがベストです。

私は「英雄たちの選択」という歴史番組を見てます。そこで磯田道史さんのことを知りました。歴史の話をする時に、いつも楽しそうに話す姿勢が微笑ましく、磯田さんの本を読むきっかけになりました。

TV番組では私はブラタモリを友達におすすめされてからブラタモリを見るようになりました。どうせだから本の方も読むようになっています。番組では扱えない話とかあって楽しいです。

文章や広告ではその作者の個性がよくわかりません。TVだと顔や表情、仕草、声がわかるだけで親近感が湧きます。その気持ちがあると本を読む気になれます。

ただひとつだけ注意点があります。それはTVの出演者の名前をすぐに忘れてしまうことです。しかも出演者紹介って番組の冒頭で済ませてしまいます。おまけに記憶は1週間もしたら忘れるので、すぐに調べるか、もしくはノートやメモに名前を書いておきましょう。

もしも名前のメモに記録し忘れたら、TV番組のホームページに行くと出演者の名前が記載されています。ただ、これは最終手段でメモを取るだけで記憶できる量が増えます。だからTVを見る時はメモを取りましょう。

TVから選択するメリット・デメリット

TVから情報を探す方法のデメリットはどうしても時間がかかってしまうことと受け身になってしまうことが大きいです。一方メリットはTVはとてもわかりやすいことと色んな分野のことを扱っていることです。

デメリット、メリットについてもう少し詳しく書きます。

受け身になってしまう見方になる対策方法

TV番組はどうしても受け身になってしまう要因として、番組時間が決まっていることが大きいです。1時間の番組ならその時間をTVを見ることに費やしてしまいます。

しかもただ見ているだけだと飽きていしまうこともあります。TV番組はダラダラ見られるのが強みですが、それが時間の無駄使いになってしまうのです。

これを回避するためには私なりの対策があります。ひとつは完全にリラックスタイムのTV鑑賞です。適当に見たってなんとなくわかるのがTVの良いところです。横になって見ていてとも運動しながらでも全然OKなので。

TVではそのテーマを完璧に説明するには時間が足りないので結局は本を読むことでそのテーマを勉強しないと駄目です。だから、TVは読書のきっかけだと割り切って私は見ています。

もう1つのやり方は真面目にTV鑑賞です。このやり方はB5のノートに気になったことを取るスタイルです。出演者はもちろんのこと、その番組で気になった発言、考えさせられたことをメモに取ります。わからない用語も記録してあとで調べます。

次はメリットについてです。

なんとなくわかったで自信になること

TVは映像を用いて説明してくれるのでとにかくわかった気になります。このわかった気になるのがとても大事です。本だとどうしてもわからないでそこで読書が止まってしまいます。そして読書ができない自分が嫌になり、読書に挫折してしまう可能性があります。

TVならわからない箇所があってもお構いなしに説明してくれますので、全部理解できなくても番組の全体を理解した気分になれます。理解した自分に多少なりとも自信がつきます。

この自信を持って、同じテーマの本を読んでみましょう。見たらすぐに読んだ方がいいです。記憶なんてすぐになくなってしまうので、TVで得た知識を定着させるために読書開始です。

知らない分野でもわかった気になれる

私が思うTVの良いところはわからない人にわかりやすく伝えようと努めていることです。私は睡眠や健康のことなんてさっぱり知りませんでした。しかし、TVを見ることで健康に関する知識を高めようと思いました。

しかも睡眠だけでなく多くの分野を扱っています。労働市場、労働環境、海外情勢、語学、自然遺産、職人、食べ物、風土、ここには挙げることができないほど多くのテーマを番組にしているので、興味を持ったことから見てしまえばいいのです。

そこで解説をしている専門家の本を読んでしまえばそれなりの知識が身に付きます。

TV番組の良いところは面白くするために、TVの出演者が場を盛り上げてくれるので眠くなりません。話すのが上手いアイドル、女優さん、芸人さんがタイミング良く突っ込んでくれます。

これ、偉い学者さんが30分も休みなしで話している番組だったら私は寝ます。国会の生中継なんて見てたら10分ぐらいで寝る自信があります。

知らない分野をいきなり本で開拓するのは難しいのでまずはTVを見てからの方がいいでしょう。なんといっても1年中多くの分を揃えて番組を作っているのですからね。

 

最後に:TVは時間がかかるけどきっかけにはいい

TVから本を読むきっかけにするのは時間がかかるというデメリットです。しかし、それ以上にわかりやすいことと多くのジャンルを扱っていることは大きなメリットです。

今回のまとめTVから本を探すには出演者の名前とテレビ番組から探してみる

TVのデメリットは時間を多く消費してしまいこと(解決策としてリフレッシュ目的と割り切るか本気でTVを見るを使い分ける)

TVのメリットはわかった気になるので、その知識をきっかけに本を読んでみる

TVは多くの分野を扱っているので、わからないことはTVを見てみる

頼まれなくても勝手に番組を作ってくれているので、利用しちゃいましょう。以上です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
フタバコウジ
年間300冊読めたので、読書が中々定着しないで困っている人に本の読み方を教えたいと思いサイトを立ち上げました。ニートでゲーム、ネット依存症だったので、読書のやり方だけでなく健康や睡眠のことも書きます。

Sponsered Link




Sponsered Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 三度の飯より読書 , 2018 All Rights Reserved.