ブログは普通の人が悩んでいることを解決しよう

ブログ運営
この記事は約4分で読めます。
エレ
エレ

ブログでは悩みを解決できる記事をつくろうと書いてあるわな。けど俺は劇的な人生を歩んでないし、無理じゃね?

フタバコウジ
フタバコウジ

全然無理ではないぞ。むしろ普通の人が悩んでいることを記事にすることが大事なわけだ。

エレ
エレ

おお。普通の人が持つ悩みをネタに記事を作ればいいわけだな。俺でもできそうだ。

フタバコウジ
フタバコウジ

うん。その持っている悩みを解決できればみんなの参考になるわけだ。

ブログで大事なことは書いた人の経験を記事にするのが1番です。何も経験したいないのに、書いてもすぐにネタ切れします。

人生で経験した悩みとその解決策を共有することが大事です。この記事は悩み相談・解決に関する記事です。まだその話題についてよくわからない人は参考にして欲しいです。

Sponsered Link

ブログは悩みを持っていればなんとかなる

「凡人の俺が書いてもみんなが明るくなる話題なんてない」

「みんなに伝えるような立派な人生を歩んでいない」

ブログを始める前は「自分の人生は大したことないから、書くことなんてない」と後ろ向きになってしまいます。偉いブロガーと比較したら、よけいブログを書く気にはなれません。

けどね、人気のある人と自分を比較する必要なんてありません。ブログを読む人っていっぱいいます。1日に1万人以上は絶対にいます。

その中には多くの普通の人がいます。手始めにyahoo知恵袋や人生の質問掲示板を見てください。皆の不安や悩みって誰でも感じることばかりです。

エレ
エレ

バイトをサボりたい。辞めたい。むかつく上司がいる。

フタバ
フタバ

結婚したくない。親が正社員になれとうるさい。

こういった悩みを見ると自分と同じ悩みを持っていて安心します。「あ、なんだ。こういう普通な悩みを持っている人が多い」と気づきました。ブログに初挑戦する時は初めてのことなので舞い上がってしまいます。

「自分だけのすばらしい記事を作ってやる」と意気込んでしまうものです。けどね、それって完全に読者を置いてけぼりなわけです。

まずは読者の悩み=普通の悩みぐらいに思った方が楽です。人によってはどうでもいい悩みかもしれません。ただそのどうでもいい話題が誰かにとっては悩んでいることなんです。

「お、それも困っているんだ。読んで助かった」

「きゃ~、こんなこと思っているの。私だけじゃなかったのね」

読んでいて共感することばかりです。誰でも思う「悩み」「不安」を中心に記事にするわけです。案外自分だけじゃありません。みんな同じようなことを思っています。

むしろ、俺普通で自信がないという方が意外にも共感されます。ブログはそういった悩みを書くことでモチベーションを維持できます。

悩みを持っていることはその悩みを解決したいと誰もが思っています。もしも、その悩みを解決する手段があればそれだけで記事が書けます。

Sponsered Link

みんな失敗したくないから誰かの悩みを参考にする

悩み解決の記事が読めれる要因は誰も失敗したくないからです。誰かが家のPCが壊れて、PCを買い替えないといけないとします。

でも、本当に壊れたのかどうか確認の仕方がわかりません。もし、壊れていたとしたらどんなPCを買えばいいのかもわかりません。

そんな時にネットでPCについて調べます。PCが壊れているかどうか調べる方法をネットで探します。

で、その時に誰かの作ったPCサイトを見るわけです。

フタバ
フタバ

PC本体だけ買えば1万くらいの出費で大丈夫だ。よし、新しいPCを買ってしまえ。

これって何もネットに限ったことではありません。ネットの誕生する前から誰かの経験を参考にするして、自分の人生に役立てるわけです。

例えば、受験勉強です。受験勉強を控えた家庭が早稲田大学に受かりたいとします。で、近所に2年前に早稲田大学に受かった家族と仲良しだったとします。

息子が今年の大学受験に早稲田を受ける予定です。大学受験ってどうすればいいの?

大学受験は私の息子が受験しましたね。あの時苦労したことは塾の送り迎えが大変でした。息子のために、夜遅くまで起きることになって辛かったかな。

なるほど。塾の送り迎えだと受験だから時間が遅くなってしまいますよね。息子だけでなく私自身の体調管理も大事ですよね。

こういった会話はどこかにある会話です。みんな息子を持っていれば、受験に成功して欲しいから、受験経験がある人に聞きます。

ブログを作る時も一緒です。誰もが失敗したくない、もしくは成功するために他人の人生を参考にします。他人の経験から解決策を見出すものです。