節約術をやってみたら、動かせる金が毎月1万円増えたぞ

生活
この記事は約4分で読めます。
エレ
エレ

人生お金を増やさないと、衣食住が保てない。けどお金が増えない。なんとかならんのか~!!

フタバコウジ
フタバコウジ

まずは金を増やすよりも節約することから始めよう。

人生で必要なことは生活を維持する金。生活最低限の貯蓄が必要なわけです。これがなければどうにもなりません。収入を増やすのは大変だけど、お金の支出を減らすことは簡単です。

というわけ節約方法について書かせてもらいます。

食費を節約する

コンビニアルバイトなら廃棄したものをアルバイトが持ち帰ってOKです。コンビニの飯は意外と高いですけど、廃棄なら当然無料。

お店のレンジを使って、弁当を温めて家で食う。これだけで家の食費が節約できます。

弁当だけでなく、ミルクティー、コヒー、プリン、ヨーグルトも廃棄すれば無料です。家の冷蔵庫に入れて置けば賞味期限が切れていても2日くらい持ちます。

コンビニバイトの申し込み⇒アルバイトの求人検索ならマッハバイト

月会費を見直す

雑誌の定期購読で支出をしているなら、簡単に節約できる方法があります。それは定期購読している雑誌が図書館にあるかどうか調べることです。

もし、図書館にお目当ての雑誌があるなら、定期購読の契約について考え直してみましょう。私の経験としては「私学雑誌」「歴史学研究」が大学の図書館にあったのでやめました。

Sponsered Link

クーラーを使用しない

夏になってもっとも支出が増えるのがクーラーです。このクーラーがやっかいで夏の暑さを凌ぐために、ついつい使用しています。

フィルターを掃除、新しいクーラーに買い替える方法で電気代を抑えることが可能です。しかし、そんなの面倒くさいわけです。いちいち新しいクーラーを買っても日々新型が生まれます。掃除するのもだるいです。

そんな時私がやっている節約法はクーラーを使用しないことです。家の窓を開けて、扇風機でなんとかやり過ごせます。

あとは近くの図書館を利用することです。図書館は涼しいので、読書が好きな人は夏の暑さ対策と節約のためにオススメです。

外食を避ける

私はラーメンが好きです。毎月2回はラーメン屋に行っていました。けどもうラーメンは1か月に1回になっています。

理由としては節約でした。やってみて節約だけでなく作業効率もあがりました。

お金の面もありましたけど、ラーメンを食うとついつい食べ過ぎてしまいます。ラーメン以外の外食も一緒でせっかくだからとお腹一杯まで食います。

そうすると、お腹が一杯で家に帰って何もする気が起きません。家に帰って何もしないので時間を浪費になってしまうのです。

季節家電は処分セールで買う

電気カーペットや電気毛布は冬シーズンのものです。これが春シーズンが近づくと処分セールになります。値引き80%のものがあったりします。

つい安いと判断して買ったら無駄な支出です。季節家電の処分セールは余裕のある時期に何が必要なのか考えます。

私は電気毛布を買いましたけど、これは膝かけに穴が目立つようになったからです。目立つと言ってもまだ2年くらいは使用可能でした。来年の冬になったら使う予定です。

使用可能な寒さ対策の膝掛けがあったので、慌てて買うことはありませんでした。しっかり考えて、来年の冬に使用可能だし、終わりかけの冬に備えて電気毛布を買いました。

余裕がないと慌てて金を出して損をするので、節約できました。

携帯電話で通話しないでスカイプを利用する

携帯電話の通話料は意外とかかります。メールならすぐなのに会話をすると、ついつい長い話をしてしまうのが俺の常です。じゃあ短く会話ですませればいいじゃんなら苦労しません。

じゃあどうすればいいのかといえば、携帯電話なんて持ち歩く必要ないのです。会話なんて家ですればいいだけです。で、家で会話したい人はスカイプで無料で会話。

そうすれば通話料なんてほとんどかかりません。8割以上カット可能です。え、アルバイト先のコンビニからの電話なんて、事務所の電話で済ませればいいのです。

友達が携帯電話で連絡したいと言うなら、スカイプのIDを渡せばいいのです。

エレ
エレ

LINEじゃないのか?

フタバ
フタバ

スマホ持ってないから無理!俺に合わせる気がないなら疲れるだけだから気にしない。

医療費を減らすには毎日運動する

人生で金がかかることっておそらく健康です。じじいになったら介護費、病気になったら治療代が馬鹿になりません。

治療されることで精神的に不安にもなるし、自分が生産できる時間もどんどん減ってしまいます。この予算とストレスを防ぐには毎日の運動かなと私は思っています。

毎日朝昼夕と運動していれば、病気にならないで支出が減ります。今まで大きな病気になっていないけど、将来の支出を節約していると思えば、私は運動できます。