ブログを書く気がないなら自分の記事を読んでみよう

ブログ運営
この記事は約4分で読めます。
エレ
エレ

ブログね・・・。飯食ったら書くわ。まあ何も書く気ないけど。お尻ボリボリ

ブログを運営するなら誰でも必ず思う時、そのまま何日もブログを更新しないことって結構ありますよね。ええ私なんて毎日ブログを書こうと思って数日どころか1か月も書かないことがあります。

朝起きた時はやる気満々でも日が過ぎるとすっかりやる気はなくなってしまうものです。

まあ、そんなことになっても書こうと前向きになれるきっかけづくりを教えます。新しい記事を書くのもだるいし、書く気すら起こらないという人の参考になれば幸いです。

で、その方法は自分の記事を読み直すことです。そうまずは読むだけです。

リライトの前段階だぞ

リライト(書き直せ)した方がいいじゃんという話でもありません。リライトってようは自分の記事を読むます。次に読んだ文章を手直しするわけです。大前提として自分の文章を読まないといけないのです。

でリライトを勧めている記事っていきなり記事を書くことが前提なわけです。こんな感じでメリットを紹介するわけです。

リライトすればメリットがあります。

PVが増えて、収益が発生する。
PVが増えて、やる気が上昇する。

書き直せばそれだけ記事を読んでもらう人も増えて、金も増えて、やる気が上昇してと良い循環が発生します。

まあだけどね、これってブログで100記事や月間10万PVを稼いでいる人の意見でそんなの私には無理じゃんと声を出します。そんなの無理だし、面倒だわとPCをシャットダウンしちゃうわけですわ。ええ、根性なしの俺です。

フタバ
フタバ

成功者の意見なんて俺には当てはまらんわ。眠いから寝る。

エレ
エレ

PCを起動するのだるいわ。俺も寝る。

いきなり文章を読み直して書き直せればいいのですけど、この読み直す時点で挫折します。自分の記事を読み直す自分なりの方法をみなさんに教えます。ここでは「自分の書いた記事を読み直すことについて」書きます。

Sponsered Link

へなちょこ記事なのは当然

最初からリライトしようと決意しないで、気楽な気分で自分の記事を読んでみましょう。何事も最初から100点満点は無理で、スタートは楽でいいのです。海に入る前に準備運動をするのと一緒。

書くことについて意識しないで適当に読んでみましょうね。ここで大事なことは失敗した自分を受け入れることです。

読んだ記事を読み直すと間違いだからだし、自分でも読んでいて恥ずかしくなります。誤字脱字はいっぱいあるし、画像の大きさは間違っているし、無駄に文字が大きくなっていたりします。記事全体も何を言いたいのかわからないひどい記事もいっぱいあります。

自分が一生懸命書いた記事であればあるほど、こんなのは俺の書いた記事じゃないとなります。スラムダンクで花道がシュートの特訓している時に、「あんなの俺じゃない」というセリフを思い出します。

エレ
エレ

俺はこんな記事を書いてない。(現実逃避)

フタバコウジ
フタバコウジ

あなた以外誰も書いていないのだぞ。

下手くそでクオリティが低い記事だなと画面の前で虚しくなります。けどね、そんなに落ち込む必要はないのです。

間違いだらけでもとりあえず記事を書けたわけです。何もない白紙状態から一歩進んだわけです。1つの記事を生み出したことには変わりないので、そこから改善していけば気持ちも楽になります。

1つ記事を生み出したということをすごいわけです。今までブログをしたことがなかった人なら人生初の経験をできたわけです。

まずは記事のレベルが低いことを受け入れることです。別にダメなとこから改善すればどんどん良い記事になります。

音読してメモりながら読み直す

自分の文章を読み直す時、私は自分にいい加減な男なので目で読み直しても間違いに気づきません。

学校で先生の授業を受ける時に、真面目な生徒が独り言をつぶやきながらノートに大事な部分や気づいたことを書いています。あれってブログを読み直す時こそ必要なわけです。

文章を読んでいておかしい場所やいい場所をメモに書きまくるわけです。で書きまくるだけでなく文章を音読すればそれだけ書く量も増えます。

そんなことをしたら時間がかかって仕方ないし面倒だなとやる気が下がるでしょ。大丈夫です。基本的にブログの文章量は1つの記事で3000字を越せば多いほうです。それに多すぎるなら段落ごとに読みなせばいいだけです。

記事を最後まで読み切ってみる

記事は全部読み終えることが大事です。誤字脱字や文末の表現がおかしいと気づくことになるけど、そこはあえて無視します。

文章全体で何を言っているのかを考える必要があります。記事は違うテーマを詰め込みすぎると読書に想いは伝わりません。ブログの書き方を伝えたいのに、睡眠の話がほとんどだったらおかしいわけです。

まとめ:とりあえず書いた記事は読み直そう

ブログって投稿して終わりではありません。そこから何度も書き直したり書き足したりの繰り返しです。そのためにはできない自分を受け入れる必要があります。

そのためにはとりあえず楽な気持ちで文章を読んでみましょうねということです。本なら店に売った時点で書き直すことはできません。けどブログなら何度も書き直せるのが長所ですから。