【ブログをリライトする前の作業】記事を読む直す方法とタイミング

ブログ運営
この記事は約7分で読めます。
エレ
エレ

ブログね・・・。飯食ったら書くわ。まあ何も書く気ないけど。お尻ボリボリ

フタバコウジ
フタバコウジ

あ~、仕事疲れたからPC起動するのもだるいわ。俺も寝る。

ブログをリライトしようとやる気になっても、結構書き直すことを断念しちゃいます。リライトを成功させるには自分の書いた記事を読み直せるのがどうかが鍵です。

このような悩みを持つ人のために書きました。

  • リライトしようにも、書き直す気力がない

この記事で伝えたいこと

  • リライトする前に、自分の文章を読み直そう
  • 駄目な文章でも受け入れよう
  • 同じカテゴリーの記事は読み直そう
  • 音読して読み直そう
  • メモも取ってみよう
フタバコウジ
フタバコウジ

私もリライトしようとして、なかなかできない苦労がありました。

ブログを書き直そうにも、どこをどんな風にするのか難しいです。

 

最初の段階はハードルを低くすれば自然とできるようになります。

この記事を読んでもらえれば、ブログをリライトする前のブログの読み直しができるようになります。リライトできないで困っている人は参考にしてください。

いきなりリライトできないから困っているのだ

「リライト(書き直せ)した方がいいじゃん」という話は絶対に必要です。リライトなしのブログ運営は無理。100%の記事を1回だけで書くのは不可能です。

自分の記事をリライトするのは自分の記事を読み直します。そのために必要なスキルはリライトするには自分のへなちょこ記事を読み直す精神力です。

でも自分の下手さ加減って認めたくないじゃん?

生きていて、出来ない頃を思い出すのは結構辛いです。その辺の気持ちを理解しないでいきなりリライトするのは難しいです。

まずリライトするには自分の記事を読むハードルを下げればいいのです。

でリライトを勧めている記事っていきなり記事を書きましょうというノリです。こんな感じでメリットを紹介するわけです。

リライトすればメリットがあります。

PVが増えて、収益が発生する。
PVが増えて、やる気が上昇する。

書き直せばそれだけ記事を読んでもらう人も増えて、金も増えて、やる気が上昇してと良い循環が発生します。

正しいです、本当に正しい情報です。俺も実感しています。

まあだけどね、これってブログで100記事や月間10万PVを稼いでいる人の意見でそんなの私には無理じゃんと声を出します。そんなの無理だし、面倒だわとPCをシャットダウンしちゃうわけですわ。ええ、根性なしの俺です。

フタバ
フタバ

成功者の意見なんて俺には当てはまらんわ。眠いから寝る。

エレ
エレ

PCを起動するのだるい。俺も寝る。

いきなり文章を読み直して書き直せればいいのですけど、この読み直す時点で挫折します。自分の記事を読み直す自分なりの方法をみなさんに教えます。ここでは「自分の書いた記事を読み直すことについて」書きます。

Sponsered Link

レベルの低い記事を書いたのは過去の自分である事実を受け入れよう

最初からリライトしようと決意しないで、気楽な気分で自分の記事を読んでみましょう。何事も最初から100点満点は無理で、スタートは楽でいいのです。海に入る前に準備運動をするのと一緒。

書き直すことはとりあえず忘れて適当に読んでみましょうね。ここで大事なことは失敗した自分を受け入れることです。

読んだ記事を読み直すと間違いだからだし、自分でも読んでいて恥ずかしくなります。誤字脱字はいっぱいあるし、画像の大きさは間違っているし、無駄に文字が大きくなっていたりします。記事全体も何を言いたいのかわからないひどい記事もいっぱいあります。

自分が一生懸命書いた気持ちが強いほど、こんなのは俺の書いた記事じゃないとなります。スラムダンクで花道がシュートの特訓している時に、「あんなの俺じゃない」というセリフを思い出します。

エレ
エレ

俺はこんな記事を書いてない。(現実逃避)

フタバコウジ
フタバコウジ

あなた以外誰も書いていないのだぞ。

下手くそでクオリティが低い記事だなと画面の前で虚しくなります。ここで虚しくなる気持ちはわかります。せっかく何時間も精魂込めて、自分でダメだしするのは泣けます。

けどここで考え直してください。いくら間違いだらけでもとりあえず記事を書けたわけです。何もない白紙状態から1歩だけとはいえ、前進できました。

1つの記事を生み出したことには変わりないので、そこから改善していけば気持ちも楽になります。

1つ記事を生み出したということをすごいわけです。今までブログをした経験を持っていない人なら人生初の経験ができたわけです。

まずは記事のレベルが低いことを受け入れることです。1つ誕生させたブログを改善すればどんどん良い記事になります。

 

新しい記事を投稿する前に読むと失敗が減らせる

今度はいつリライトすればいいのだと言う話です。それは新しい記事を書く前に、書いた記事を読み直すべきです。

ブログを書く時に当然新しい記事を書く前に同じカテゴリーの記事を読み直しましょう。何故なら既に書いた記事と同じ内容を書いてしまう失敗を繰り返すからです。

エレ
エレ

いやいや、同じ内容の記事を次の日に作るとかないでしょ。

フタバコウジ
フタバコウジ

嘘のような話だけど、何回もこの失敗をしたぞ。

例えば「本を読めない人は簡単な本を読もう」という記事を書いたとします。また次の日に同じタイトルで「簡単な本から読み始めると読書ができるようになる」という記事を書きました。

思い切り同じようなタイトルです。少し冷静になってみれば、「同じ内容なのにあなたは何やってんですか」という話です。

似たタイトルをつけてしまった例

  • 帰宅後にブログの作業をする方法
  • アルバイトが終わった後に全力で作業するコツ
  • ブログの作業を継続するには仕事帰りの過ごし方が大事な理由

俺だって同じ記事を2日続けて書いてしまった時は自分の失敗に驚きました。自分でも混乱しまくりです。

理由としては同じ記事を書いたことが頭に残っていたからです。脳はアウトプットした内容を定着させます。同じ内容の記事を書いた達成感もあります。

人の脳は同じ内容ばかり繰り返しやすいようになっています。楽ですからね。

同じ記事を書くとグーグルの評価が下がってしまい、ブログの収益とPVに悪い影響を与えてしまいます。

同じ記事を書くことを防ぐには同じカテゴリーの記事を読み直しましょう。

音読してメモりながら読み直す

自分の文章を読み直す時、私は自分にいい加減な男なので目で読み直しても間違いに気づきません。

学校で先生の授業を受ける時に、真面目な生徒が独り言をつぶやきながらノートに大事な部分を書いています。あれってブログを読み直す時こそ必要なわけです。

自分の書いたブログの文章を読んでいて、おかしい場所やいい場所をメモに書きまくるわけです。で書きまくるだけでなく文章を音読すればそれだけ書く量も増えます。

そんなことをしたら時間がかかって仕方ないし面倒だなと感じませんか?その心配はないです。

基本的にブログの文章量は1つの記事で3000字を越せば多いほうです。あまりにも多すぎる文章が多すぎる記事なら、その記事は読者に読まれません。

ブログの文章は長すぎると感じない仕組みになっています。それは見出しごとに分けていますよね?あまりにも多ければ段落ごとに分けています。

もしも記事の文章量が1万字以上の記事があったとします。その記事って1つの見出しだけでなくいくつかの見出しで別れているはずです。

文章を読む時に長いと感じるほどなら、いきなり全て最初から読まないで1つの見出しだけ読みましょう。

まとめ:とりあえず書いた記事は読み直そう

ブログって投稿して終わりではありません。そこから何度も書き直したり書き足したりの繰り返しです。そのためにはできない自分を受け入れる必要があります。

そのためにはとりあえず楽な気持ちで文章を読んでみましょうねということです。それでは今回のおさらい。

  1. いきなりリライトできないから困っているのだ
  2. レベルの低い記事を書いたのは過去の自分である事実を受け入れよう
  3. 新しい記事を投稿する前に読んでみよう
  4. 音読してメモりながら読み直す
フタバ
フタバ

上記4つを意識すればリライトできるようになるぞ。

エレ
エレ

いきなりリライトしようとする前に読み直さないといけないからな。とりあえず自分の記事を読み返してみよう。