本の最後に参考文献がない場合

私は本を最後にある参考文献一覧から次に読みたい本をさがしている。これがあると読む本に偏りがなくなる。自分の知りたい分野が広がるので助かる。

しかし、参考文献がない場合に遭遇する。ないと私はキレそうになるけど、ないから仕方ない。自分でまとめるしかないのだ。

まず、参考文献があるかどうかの確認の仕方とない場合はどうやって探すのは説明する。

参考文献がない場合

参考文献がない場合がけっこうある。それは人によるし出版社による。決まったパターンはない。

おまけに参考文献といいつつ、自分の出版物しか書いていない作者もいる。この人は絶対に参考文献を記載しないと言えないので、本を読んでみないとわからないのが実情だ。

まあ、参考文献があるかどうかを確認するのはとても簡単だ。それは目次を読むと参考文献と書いてある章がある。それを確認するだけの作業だ。

参考文献がある場所は巻末かもしれないし、章が最後にある場合もある。稀に参考文献の章がなくとも最後のページを読むとちゃんと一覧が書いてある場合もある。

これを確認すればいい。ではない場合どうするか?何も手がかりがないかと言えばそれは違う。

~によると、~が参考にするとという誰かの説明を引用している場合がある。この~の部分に当たる箇所こそ作者が参考、引用している本である。これを集めるとその作者の参考文献一覧になる。

これを自分で探すのは大変かもしれないけど意外と簡単だ。方法としては自分で買った本ならマークをつける。参考文献をまとめて読書メーターに登録する方がいい。

参考にしている文章にマーカを引く、そのページの端を折るなどする。私のように図書館から本を借りる人は栞を挟む。自分の本ではないのだからマーカを引いたりしてはいけないぞ。

参考文献を登録するタイミングはまとめての方が良い。本の中にある参考文献を見つけた度に記録すると、読書に集中できない。引用箇所を見つけたら、栞を挟むだけでいいので本を読むことを優先しよう。

最初の頃は読書のスピードが遅くて、全然見つけられないと思うかもしれない。見つけられなくてもいいし、1冊しか発見できないから見つけたらすぐに登録したいと思うかもしれない。

本を登録する作業は頭を使わないから読書に疲れた時、自分にとって区切りのついた時にすれば良い。

本を登録するのは読書メーターとグーグルクロムのツールを使えばすぐに図書館の在庫状況を確認できる。web本棚なら現実の本棚を購入する必要もないし読みたい本を忘れる心配もないからオススメだ。

【オススメ】読みたい本の図書館在庫状況が無料でわかるツール:予約できないなら読書メーターだ
図書館で本を借りる時に、借りたい本が馴染みの図書館にあるかどうか探したりしてないだろうか?無論、本が好きなら本に囲まれてあれや、これやと探すのは楽しい。 しかし、読みたい本の在庫状況をネットですぐに調べられるので紹介します。図書館を利...

Sponsered Link

まとめ:参考文献はちゃんとまとめて欲しい

ベストなのは参考文献を本がまとめてくれること。しかし、まとめてくれない場合がある。だから自分で作者が参考、引用した本を探す必要がある。

ここにタイトル

  • 参考文献は目次を見ればあるかどうかわかる。なくとも本の最後か章の最後を確認する。
  • ない場合は~によると、~を参考にするとと引用している箇所がある。その箇所が作者が参考にしたもの。
  • 参考文献を読書メーターに登録するタイミングはまとめてやる。見つけた場所は栞などで忘れないようにする

出版社、作者さんもちゃんと参考文献一覧をまとめて欲しいものだ。

コメント