自分なりの健康法:毎日している健康予防法

健康

病気になってしまうとお金や時間がかかる。しかも回復するまでに1年も費やしてしまう場合もあるのだ。というのも私も前の職場で鬱寸前になり、快適な1日を過ごすことができなかった。

私の知り合いでは10年くらい鬱状態で引きこもりになってしまった人と比較すれば短い期間だった。だが、鬱状態の日々はとても辛かった。

心や体が病気になって思ったことは病気にはなりたくないということだ。今度は病気にならないように、予防をしっかりしなければならない。

病院に通うのも金がかかるし、予防できるだけしてやろうと心構えである。

私のしていることを共有して、病気にならない人が増えれば幸いです。

適度な運動

私が日常的にしている運動はもも上げ、縄跳び、踵上げの3つです。特にオススメなのがもも上げと踵上げです。

何故なら部屋の中でできることからです。冬の寒い日に運動するのってしんどいですよね。ドアを開けるのすら面倒ですから。

もも上げは3分間するだけで私は運動した気分になります。体重にはあまり影響ありませんが、運動をすると意外と頭がスッキリします。

踵上げは最近100回するようにしています。毎日していると筋肉痛になるのは運動した証です。運動した気分になるので効果があります。

しかも少ない運動でも効果は自分的にはあるので基本的に毎日の日課になってます。

毎日入浴する

日本人はよくお風呂に入る習慣を持っている。入浴することで1日の気持ちをリフレッシュできるし、より良い睡眠も取れるようになる。

シャワーで体を洗うだけで済ませるよりも、入浴した方がいいので毎日お風呂に入っている。お風呂に入る時間は寝る1時間~2時間前がいいので、私は夜の8時から9時までの間に入浴する。

お風呂は気持ちが良いので、毎回続けている。というのもお風呂に入る方が気分良く寝て、起きることができるからだ。

お風呂が壊れて、入浴できない時は寝起きも寝つけも入浴した時よりもはるかに悪かった。だから私は毎日お風呂に入っている。

水を2時間ごとに飲む

水分がないと人間は死んでしまう。当然ですのことですけどね。だから毎日の食事で水分を摂取しよう

ただ、水を飲むことは何も食事だけでなくいい。いや、むしろ定期的に水は飲んだ方が良いと聞いたので私は2時間に1回コップ半分ぐらいで飲んでいる。

水の飲む過ぎは体に悪いけど、飲まないのはもっと体に悪い。水を飲めば目もさめますし、息抜きになるので私は毎日水を定期的に飲んでいる。

Sponsered Link

快眠する

人間誰でも寝る。寝ないで人生を過ごすのは絶対に無理だ。私は快眠するために、健康な日々を過ごそうと努力している。

快眠できれば、その日の気分はかなり良い。読書も食事もブログも散歩も運動も気分良くできる。睡眠は私にとって重要なことなので下の記事を参考にして欲しい。

定期的に立つ

私はブログを立つ時に座って書いているので、デスクワーク中心だ。実は人間の体は長時間座っていると健康に悪影響を及ぼしてしまうようだ。

座って作業している時とついつい集中してしまい、なんだかお尻が痛い経験をしたのは私だけではないはず。

これを解消するには定期的に立つことで解消できるのだ。たった立つだけである。足や腰を痛めていないなら、立つのは容易なはずだ。

特に注意したいのはいくら運動しても、座りすぎるだけで運動の効果を帳消しにしてしまうことだ。立つだけなら簡単なので皆さんにもして欲しい。

定期的に1時間に1回立つだけでいいので、私は1時間1回は立っている。気分が良ければそのまま軽い運動をしている。

参考文献

参考文献

コメント