ブログでは自分のデータしか集められないけど書くしかない

私は色んな本を読んでいます。ハウツー本も読んでいで実際にやってみます。そしてやってみたことを日記に書き、今実際にブログに書いてみようと思っていました。

だが、書く前に気付いてしまいました。やってみた系の分野は客観的データを示せないということです。気分良く眠ることができたということが快眠度何%なのか不明です。自分の中では60%ぐらいと思っても、それ他人に適用できるのかというととても怪しいものです。

なにより気分は数値化できません。俺のやってみたことなどどこまで誰かに通用するかはっきり言って不安だし、ほとんど駄目かもしれません。

ただ誰かが提示したやり方をやることで自分のため、やっていなくて実践者の声を聞きたいという人もいるわけです。

というわけで今回は私の体験が客観的なデータで書けないということ。あとできないけどやってみて伝えられることと今後どうするかについて書きます。

数値化できない

私は本を読んで色んなことを実践しています。最近では勉強をした後に5分間~20分間運動をすると血流が良くなって、頭に良いということをdaigoの本を読んで知りました。

早速やってみると英単語、英文法、英長文、読書を2時間くらい勉強した後に運動をしました。縄跳び200回、踵上げ3分をしたりしました。

気分はやる気は向上し、その後勉強は捗りました。doigoの言うとおりやったら良かったのです。

しかし、これって全くの主観です。まず、気分が良くなったけど、どれくらい良くなったのかわかりません。言葉で説明しようにもなかなか難しいわけです。

エレ
エレ

運動して超気分良い。アドレナリン出まくって普段の50%以上気分いいわ~。

フタバコウジ
フタバコウジ

機械で測ってもいないのに、よく50%とかわかりますな。

個人で運動をして、コレストロール20%減少したから運動をしたと瞬時にわかりません。

みんな運動したらなんとなく気分が良くなったり悪くなったりします。自分の体がどうなっているかを医学的にすぐに説明できるのはドクターKのようなスーパードクターです。

カルテも読めない俺にはとてもではないけど、自分の体がどうなっているのかは把握できません。

私の家に大学の研究グループが持っている凄い施設があるなら話は別です。脳波、血流、レントゲンなどで自分の体を機械で調べられるなら、正確な数値をデータ化できます。

しかし、そんな高価なものが普通の家にあるわけないだろ!!

だから、私が実践したことは主観を排除できない。気分という曖昧なものだし、作業も今の能力によるものだから普遍性など大学の研究、専門研究と比較すれば主観がかなり大きいです。

じゃあブログで書けることはほとんどないじゃんと思うでしょう。気分はそれぞれで、普遍的に立証できないのだから意味ないのではと。それでも私はブログを書こうと思っています。

その理由についても書いています。

Sponsered Link

とりあえずやってみる

私は本を読んでやってみたことを書くことで多少は誰かの参考になると思っています。ネットでの記事はかなり信憑性がありません。数値化できないし、科学的にデータは集めることは不可能です。

ただやっていない人がいたら、実際にやった人の意見を聞きたいわけです。運動したらどうなるのか?こんな生き方しているけど大丈夫なのかと疑問に思った人に対する答えを用意したいわけです。

私も気になって調べるので、自分でやってしまおうと思い立ったわけです。まずできることとしてそれをやってどんな成果があったかどんなことが変わったのか書きます。

ただ注意して欲しいことは私の実践したことがそのまま君に適応されるのかはわかりません。だから参考程度に知って欲しいわけです。知った上で自分にとって役立つのか参考になるのか自分で判断してみてください。

書くことで自分としても記録になるし、アウトプットをすることで頭の活性化にもなるので私は自分の生活で実践したことを書きます。

読む方は参考になる程度と考えて、読んで欲しいです。

とりあえず参考なんだよ

実践したことを書く前にまず注意して欲しいことを書きました。私はこれから色んな方法を実践してみるけど、これは私の個人的体験なのでそこを忘れないでください。

大学、研究者が健康、脳の研究を日々している。大学の方が多くの人を集めて、研究をしているので客観的データがある。それは本になっていたりします。

私にはブログで思ったことを書くぐらいしかできません。だから私のケースだけでなく何か興味を持ったら、その手の本を読んでみてください。