ブログやってみたの注意

私は色んな本を読んでいる。ハウツー本も読んでいで実際にやってみる。そしてやってみたことを日記に書き、今実際にブログに書いてみようと思っていた。

だが、書く前に気付いてしまった。やってみた系の分野は客観的データを示せないということだ。健康や気分は数値化できないのである。俺のやってみたことなどどこまで誰かに通用するかはっきり言って不安だし、ほとんど駄目かもしれない。

ただ誰かが提示したやり方をやることで自分のため、やっていなくて実践者の声を聞きたいという人もいるわけだ。

というわけで今回は私の体験が客観的に書けないということ。あとできないけどやってみて伝えられることと今後どうするかについて書く。

数値化できない、普遍化できない

私は本を読んで色んなことを実践する。最近では勉強をした後に5分間~20分間運動をすると血流が良くなって、頭に良いということをdaigoの本を読んで知った。

早速したわけだ。英単語、英文法、英長文、読書を2時間くらい勉強した後に運動をした。縄跳び200回、踵上げ3分をした。

やる気は向上し、その後勉強は捗った気がする。doigoの言うとおりやったら良かった気がした。その時はね。

しかし、これって全くの主観である。まず、気分が良くなったけど、どれくらい良くなったのかわからないのである。言葉で説明しようにもなかなか難しい。その難しいわけをちょっと説明させてほしい。

ゲームのパワプロを例に挙げると、みんなはパワプロ君になってゲームをするわけだ。イベントでは成功、失敗の確率はみんな同じルールでやる。

パワプロみたいにやる気が2上がるイベントがあるとする。そのイベントでパワプロ君は2上がるわけだ。俺のパワプロ君だけやる気が2下がったということはないわけだ。

ゲームをしていれば見ればわかる状態だけども、どんだけやる気が上がったのかなんてわからない。運動をしたから、運動の効率が5%上昇しましたと言えるわけないのだ。

しかも同じ行動をしてもその人によって違うわけだ。

光

オレンジジュースを飲んだら元気が100%になりました。今日はノリノリ。

フタバ
フタバ

オレンジジュースを飲んだら腹を下した。うんこもれそうで気分は最悪。もう嫌だ。

俺運動をして、コレストロール20%減少したから運動をしたと瞬時にわからない。みんなそんなの気分だ。正確にわかったら、ドクターKのようなスーパードクターである。

 

しかも俺とモニターの前の君と俺は多少状況が違う。同じ勉強をして運動をしても同じ効果があるかわからないのだ。もしかしたら、今電車の音がうるさくて、運動をして後に騒音に悩んでいたら、気分がいいわけない。

私の家に大学の研究グループが持っている凄い施設があるなら話は別だ。脳波、血流、レントゲンなどで自分の体を機械で調べられるなら、正確な数値をデータ化できる。

しかし、そんな高価なものが家にあるわけないだろ!!

だから、私が実践したことは主観を排除できない。気分という曖昧なものだし、作業も今の能力によるものだから普遍性など大学の研究、専門研究と比較すれば正直駄目だ。

けどやってみたことは書こうと思う。その理由を書いてみる。

Sponsered Link

とりあえずやってみる

私は本を読んでやってみたことを書くことで多少は参考になると思っている。ネットでの記事はかなり信憑性がないけども、とりあえず先行結果を知りたいわけだ。

誰かが本で言ったことを実行している人はいないか?やってみたの意見を聞きたいと。

私も気になって調べるので、自分でやってしまおうと思っているわけだ。まずできることとしてそれをやってどんな成果があったかどんなことが変わったのか書くわけだ。

ただ注意して欲しいことは私の実践したことがそのまま君に適応されるのかは断定できない。だから参考程度に知って欲しい。知った上でどうするか考えて欲しい。

書くことで自分としても記録になるし、アウトプットをすることで頭の活性化にもなる。それで多少は集客もできる。

読む方は参考になる程度と考えて、読んで欲しい。絶対に正しいと思っても、冷静になって欲しい。

とりあえず参考なんだよ

実践したことを書く前にまず注意して欲しいことを書いた。私はこれから色んな方法を実践してみるけど、これは私の個人的体験なのでそこを忘れないでください。

大学、研究者が健康、脳の研究を日々している。大学の方が多くの人を集めて、研究をしているので客観的データがある。それは本になっていたりする。

私には日記ぐらいしかない。だから私のケースだけでなく何か興味を持ったら、その手の本を読んでみてください。

コメント