【気分が乗らない】体調の悪い時は短時間の読書、流し見がいい

最近具合が悪くてやばいです。リンパ腺が腫れるし、イライラしてガムを噛みまくっていたら顎も痛い。

なんでもストレスが溜まるとリンパ腺に悪いので、ブログとか読書を控えて静養をしています。しかし、不安やストレスをガムで紛らわすのは失敗でした。

今日も具合が悪いです。ただ、私は体調が悪い時でも、本を読みます。体調に悪そうかと心配してくれるかもしれないそこの僕。ええ、大丈夫。具合が悪い時なりの読書法をしているから大丈夫です。

この短く疲れない読書のやり方や疲れている時にすることをみんなに伝えます。

あくまで具合が悪い時、疲れを感じた時のやり方です。基本的に読書は短い時間にすることと作業はBGM聞きながら気楽にすることをおすすめします。

予想読み

予想読みは1度の予想だけで10~15分でできる読み方です。いくら具合が悪くても、15分ぐらいなら集中できるのでおすすめ。

ただ、あくまで具合が悪い時なのでここで本気を出す必要はなく、しっかり休むことを心がけよう。

最初に予想読みをやり方を簡単に書きます。

予想読みとは本をまくるとある最初に、最後に、章のタイトル、本の表紙から本に書かれている内容を予想することです。表紙や章を見て、考えたことをノートに書きます。

その予想した内容は間違っていてもいいです。とにかく頭の中で連想したことを書きまくります。

 

私は具合の悪い時、予想する本は最大10冊前後。1つの本におおよそ15分くらい時間をかけて本の内容を予想します。え?10冊とか多すぎないのかと思われるだろうけど、1冊読んだら休憩を入れます。

具合が悪いのですから休憩は大事です。

リラックスする方法は私の場合、音楽を聴いて気分を落ち着かせたり、軽い運動をします。10冊全部読むわけでもなく内容を予想するだけならやってみると意外と簡単なわけです。

10冊ならだ最大100分です。100分て長いなと思うかもしれないけど、休み休みならそんなに疲れません。

寝込むレベルで体調が悪いなら別だけども、なんかやる気がしない、だるいけど学校を休むほど悪くない場合は予想読みは意外とできます。

エレ
エレ

テンション低い時でも15分くらいならできそうですね。

 

 

フタバコウジ
フタバコウジ

いつでもハイテンションならいいけど、そうはいかないからね。

チェックした箇所を読む

今度のやり方は全く本を読んでいない人はできないやり方です。

読んだ本でしおりや付箋、マーカをつけた、書き込みをした箇所を読み返すやり方です。その箇所を何度でもいいから読み直してみましょう。

何度も読み直す理由としては1回目に読んだ時と違うことを思うことがあるから。1回目は内容をよく知らないでなんとなく大事だと思って、チェックをつけます。

時間を置いて読み直せば、別の本を読んで知識が増えている状態になるので違った視点から見ることにより、今までの自分と違った考えが生まれます。違う本を読んでいなくても気分によって考えも変化します。

子供の時に見たアニメと大人になって同じアニメを見ても、同じアニメでありながら子供と時と違う感想を抱けると一緒です。

この作業はとても簡単です。印をつけただけを読み流すだけです。思ったことをノートや紙に書くのは意外と疲れます。だから、つかれている時は、読むだけでいいです。

フタバコウジ
フタバコウジ

読んだ個所を読み直すだけですので簡単です。

Sponsered Link

レビューを流し見する

ネットではアマゾンや読書メーターやブクログ、読書ブログで誰かの感想を見られます。本を読むのが大変なら、ネット上の感想を適当に見ることって大事です。本を読むわけではなく、疲れを感じることなくできます。

読んだ本や読みたい本の感想っていくらでもあります。リアルなら本の感想を聞くのは大変だけど、ネットならいくらでも読めます。

これってすげぇ楽な作業です。ネットで検索して、Amazonやブログなどを見るだけですから。

悪い時なら気分のままに気楽に読むことが大事です。あまり真面目に読む必要はありません。具合が悪かったり、気分が乗らない時は適当に流し見です。本気ならその本を借りてしまえばいいのです。

フタバ
フタバ

お、この本の感想長いな。なになにえ~とここがあれで文章が詰まっていて読みにくいけど読むぞ。

エレ
エレ

体調が悪いのでもう読むの面倒~。次のレビューを読めばいいや。。

単語、用語を復習する

本を読んでいるとわからない単語や用語が出てきます。気分が乗っている時、私は本をどんどん読めてしまいます。ただそんな時でもわからない単語や用語は後でネットで確認します。

単語や用語を確認するのは読書をして疲れた時です。わからない用語はネットで検索すれば関連するページに辿り着けます。

この作業も非常に気楽です。というのもわからないことを調べていればそのうちその用語自体を詳しく説明する本に行きつきます。wikiなら参考文献、なにかの記事なら広告している本、その用語を説明している人です。

ネットでは説明が短いです。何故ならあまりにも長いと誰も読んでくれません。読む人もどうせ書くならお金が欲しいので、書く人は短くてわかりやすいページを作成します。

だからネットで調べた用語はあくまで読みたい本を探すきっかけになることです。BGMを流しつつ適当に検索しましょう。文章をクソ真面目に読む必要はありません。

まとめ:ちょっとずつ頑張る

体調が良い時なら、集中して本を読めます。1時間ごとに休憩をしながら同じ本を3時間以上読むことも私には可能です。

ただ、いつでも体や心の調子が絶好調なら苦労しません。今もちょっと書いていて頭痛がしますし。

具合が悪い時にそれなりの読書法をできるようになると、体調が良くなった時にすぐに読書できます。休んでいるといきなり全開はきついです。

あと作業量0より悪いなりの作業をして、作業量5ぐらいの方が私は少しできる自分に安心できます。

これまで読んでもらってありがとうございます、以上です。