スポンサーリンク
読み方

1回目の読み方~疑問と答え(Q&A)

読んだこともない作者、分野の本を読もうとすると場合、色んな問題が起きます。知らないことを知ることは読書をする時の最大の楽しみの一つです。ただ、その行為は結構難しく挫折する人多数です。 そんな場合に遭遇したらどうしようかと言うことを紹介...
読み方

アレクサンドロス大王を知るならこの本だ

日本でも有名な世界史の英雄・アレクサンドロス大王。ゲーム、アニメ、小説、漫画でも主人公になったりで、 そんな有名人のアレクサンドロス大王だが、どんなことをした人かと言われると、はっきりと答えられる人も少ないのでは? 若くして死ん...
書き方

ブログのネタ素材整理で3時間書く作業から解放される

素材は大事です。ブログを書く上で素材がないならさっぱり書けません。私は素材を集めることで文章が以前よりも書けるようになりました。 文章は素材が9割。素材に目を向けるだけで、文章は早く書ける。 (超スピード文章術47ページより引用) ...
書評

【書評:感想】難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください

子供の頃、学生の頃、誰でも学ぶ英語。得意な人も不得意な人もいます。私は英語の勉強そのものは好きだったのですが、今ではTOEICの試験受けたら400点取れないでしょうね。 今の時代は就活で英語があると面接で採用されやすいですし、海外旅行...
書評

【書評・感想】遅読家のための読書法

私の読書スタイルはインプットに偏っていることを痛感させられた本です。本書を読むまでの私は読んで終わりでアウトプットに全く力を入れてこなかったからです。 今まで読んだ本は593冊、ブログに投稿した書評記事は5冊です。アウトプット1%以下...
書評

【書評・感想】九月、東京の路上で

本書は震災に混乱した時、犠牲になった朝鮮人、中国人、日本人を紹介しています。その原因として作者は人種差別を強く非難しています。 人種差別主義者は私も好きではありません。とういうも1つの人種の中に多様性があるからで一括りで分類してできる...
書評

【書評・感想】10倍速く書ける超スピード文章術 

文章を早く書きたいと思うのはブログを書く人なら一度は願うことです。ブログを書くのに3時間かかってしまう人がいたとしましょう。その時間を1時間に短縮できれば、2時間の自由時間が増えます。 1回あたり2時間の短縮に成功したことになります。...
読み方

初めて読む本で速読が役に立たない2つの理由

ちょっと速読の表紙を見る機会があり、以下のような宣伝が書いてありました。 「1日10冊読める速読法」「1冊10分読書」 夢のような宣伝なのだが、とてもじゃないが無理な読書方法です。1日で10冊本を読めるなら、その本はもうだいぶ読...
書評

【書評・感想】世界一わかりやすい教える技術

新入りのアルバイトがなかなか仕事ができないという悩みは多くあります。yahoo知恵袋でも「仕事、遅い」と検索すれば、多くヒットします。 仕事ができないで困っている人はやっぱり多いのです。しかし、視点を変えると教える方はどうでしょうか?...
書評

【書評・感想】難しいことはわかりませんが、「がん」にならない方法を教えてください

がんに対して不安な気持ちを抱えている人はかなり多いでしょう。がんは日本でも怖い病気であることは知られていて、親戚のなかにがんで亡くなり、明日は我が身と心配な気持ちを持っている人もいるでしょう。 私自身も親戚ががんで亡くなった人もいるの...
読み方

【読書初心者】最初は1ヶ月1冊で全然OK!

「うお~読書してやる」と気合いを入れたけど、結局3日坊主で読書辞めました。このパターンを私は何回も繰り返しました、もう30回くらいです。 始める時は威勢が良いのですが、結局気持ちが長続きしないパターンって結構あります。本を読めるように...
書評

【書評・感想】バカをつくる学校:学校はつまらない

義務教育で勉強したことなんて役に立たん! 朝礼、集会で言われたことをさっぱりないよ! 学校なんてつまんね! 学校教育に疑問を持っている人なら是非読んで欲しい本を紹介します。その本の名は「バカを作る学校」です。学校が駄目な理...
書評

【書評・感想】歴史図解中東とイスラーム世界が一気にわかる本

中東の歴史は日本人にとって馴染みがありません。学校や会社でもイスラム教徒の人に会った経験のある人はそんなにいないでしょう。ニュースで話題になって、興味を持ってもわからないのは仕方のないと言えます。 と言っても世界史を勉強すると、中東が...
マインド

私がネット依存症から回復した1つの方法

ネット依存症は現代病と言われています。ちょっとだけと思ってもずるずるとネットに嵌り、1日2時間、気が付いたら5時間以上も費やしてしまう。こんなはずではと思いながらもやってしまうのがネットの恐ろしい性質。 ネットとは気軽で部屋で1人でし...