スポンサーリンク
読み方

本の最後に参考文献がない場合

私は本を最後にある参考文献一覧から次に読みたい本をさがしている。これがあると読む本に偏りがなくなる。自分の知りたい分野が広がるので助かる。 しかし、参考文献がない場合に遭遇する。ないと私はキレそうになるけど、ないから仕方ない。自分でま...
ブログ運営

1日10分でもいいからブログの記事について考える

私は最近ブログを1日1記事のペースで書けるように努力している。今までは書きたい時に書いていた。どんな心境の変化があって、何に気付いて、今後どうするかについて書く。 簡単なあらすじを言うと、就活が上手くいかないでブログに集中したら1日1...
日本史

武田信玄の年表

西暦 年齢 主な出来事 1521年 1歳 甲斐国守護・武田信虎の子として生まれる。幼名は太郎。 1533年 13歳 扇谷上杉氏当主、上杉朝興の娘を妻に迎える。 1536年 16歳 元...
健康

感想:偉人たちの健康診断「関ヶ原の戦い 病と裏切りの西軍編」

偉人たちの健康診断を毎回見ているので、備忘録も兼ねて書く。 今回気付いたことは秀秋が幼いころからアルコール中毒になってしまった可能性について番組では検証していた。それについての感想と自分の中で今後どうするかについて書いた。 秀秋は関...
書評

【書評感想】〈リア充〉幻想―真実があるということの思い込み

「誰も知らない真実の日本史」と言われると、ワクワクして読んでしまう人がいる。誰も知らないことを知り、特別感を味わう。ただ、私はこの真実の~というフレーズがとんでもなく嫌いである。 今回の本を読んだ理由は真実というフレーズが嫌いで読んで...
勉強

歴史の問題集をしたら、学生時代にどうして歴史ができなかったか理由がわかったよ。

私は歴史のことが自分ではかなり詳しいと思っていた。しかし、最近その認識は間違っていることに気付いた。というのも歴史の本を読むだけでなく、問題集を解いたら思った以上にできなかった。 正直、7割ぐらいしかできない分野もあれば5割以上できな...
健康

敷布団を敷かないで3日間寝てみたら、腰と頭がとても痛かった

敷布団を敷かないで3日間寝てみたら、さっぱり寝ることができなかった。これだけはいえる。もし、今の睡眠状況にそこそこ満足しているなら、ちゃんと敷布団を敷いて寝た方が絶対にいい。 今の睡眠快適度が70ぐらいならそれでいい。敷布団を敷かない...
書評

【感想】ウェブはバカと暇人のもの:ネットへの幻想はやめよう

ネットを利用して私はブログで書きたいことを書いている。ブログをやろうと思ったのも、ネットに対して無意識に肯定していた。自分の側をことを悪く考えることはなかなか難しい。 ブログをやり始めた時、何も考えずに私は始めた。ネットはすばらしいも...
選択

【オススメ】読みたい本の図書館在庫状況が無料でわかるツール:予約できないなら読書メーターだ

図書館で本を借りる時に、借りたい本が馴染みの図書館にあるかどうか探したりしてないだろうか?無論、本が好きなら本に囲まれてあれや、これやと探すのは楽しい。 しかし、読みたい本の在庫状況をネットですぐに調べられるので紹介します。図書館を利...
マインド

人間は迷惑な存在!だから迷惑なことを負い目に感じる必要はない。

私は自分のことが人類でもっとも迷惑な存在だと感じる時があった。今でも30歳で無職というやばい存在だ。20代で正社員になったのに、アルハラで鬱退社。その後はアルバイトをするも今は退職した。 仕事もしないでブログを書こうと思ったけど、1日...
書評

【感想・東大読書】偏差値40以下でもできる考えて読む読書法

本を自分の頭で考えて読む。 理想的な方法だけども、これがなかなかできないのが現実です。私もこの本を読むまでは全然本を考えて読んでいませんでした。なんだか長い文章を読んで、頭が良くなった気分に酔っていました。 この本は本を読む前に...
ブログ運営

誰の成功体験は誰にでも通用するわけではない

私はここの所ある悩みを抱えていた。それは自分の読書法が他人もしてもらえるのだろうかという悩みであった。 他人の成功体験を参考にして自分の人生の足しにする。それを知る手段として「ビジネス本」はある。 私も自分が年間300冊くらい読...
書評

【感想:子どものための哲学対話】人生の疑問を考えるきっかけになる本

子供のためのと書かれています。しかし、大人になっても全然読める本です。いや哲学にあまり興味のない人なら読んだ方がいいです。 デカルト、ルソーとか知らなくても、人生の疑問について考えてみようと思える本だからです。 ...
書評

【感想・陰謀の日本中世史】歴史に完璧な答えなんてないがわかる本

世に溢れる陰謀論がどんな理論を展開しているのか?何故その理論を人々が受け入れてしまうのか?を解説した本です。 歴史的な側面から陰謀論の無茶ぶりを非難しています。しかし、歴史に興味のない人でも読んだ方がいいです。何故なら最後の章を読むこ...
勉強

どうして俺は学生時代に世界史で赤点を取ったのか考えてみた。

私は今では世界史の本を読んでいます。中国、ヨーロッパ、遊牧民、アメリカなど色んな国のことを学んでいるが、学生時代はとにかく世界史が苦手でした。 日本史も全く興味がなく、授業なんていつも聞いていませんでした。どうしてあんなに興味がなかっ...