スポンサーリンク
未分類

8月22日

今週のバイトは木曜で終わり。あ~。疲れるだろうな。 午前中 英語をする。そんでもってどうしよう。疲れてよく考えてなかった。寝る前にやることは3つくらい決めておこうと思った朝だった。 5時起床 英語を読みまくる。朝食までなので、20個...
日記

8月21日:俺たちに明日はない

水曜日は1番仕事が長いので、帰宅後もあんまり勉強できないだろうな。 午前中 ほとんど仕事なんです。朝の6時から仕事だからできることない。 4時起床 起きたのは4時20分。そこから飯を食う。朝食は白米、味噌汁、焼き鳥、焼たらこ、豆腐。...
日記

8月20日:死ぬのに前向きに向き合うって凄いことだ。

今日も仕事で午前中はほとんど使用できない。というわけで帰宅後が中心なわけだ。仕事の前は読書して、午後は本腰を入れてやる。 午前中 朝から勉強してバイトはまあそれなりにやる。 5時から読書 起きたのは4時44分。子供の時は4時44分だ...
日記

8月18日:やっぱすぐに忘れる。

今日は早く起きられないと感じていた。何故なら広島のバティスタがドーピング検査で陽性反応を出したと言うことを知ったから。 情報を知りたくて、本当に久々にプロ野球ニュースを見たので眠い。 午前中 やる気がないようなあるような。まあ、机...
日記

8月19日:死ぬ前に自殺のメッセージを見よう

今日から仕事だ。まあ適当に頑張るぞ~。 午前中 仕事は朝の7時から。その前にしっかりやるべきことをしよう。 5時起床 昨日のことをブログに書いた。昨日の午前中ことなんてさっぱり覚えていなかった。 やっぱ俺って忘れぽいわ。20分...
マインド

楽に生きるのは諦めることだ

実は私は楽に生きたいと思っていた。ブログも読書も最初は楽に稼げる方法がないかなと思ったのが理由だ。 あくせく働いて生きるのって大変で週5日も働くのは自分にはとても辛かったから。しかも俺って人と話すのが好きではないからすぐ孤立するので。...
マインド

自殺するなんて俺には無理

自殺は日本で多いという報道を私はよく聞きます。私は鬱になった時、死にたいと思ったことがあります。しかし、死にませんでした。 日本の自殺死亡者数は8年連続の減少(2017年) 何故死ななかったというと、実際に死んでみることを考えたことと死...
日記

8月17日:その日のことも完璧に覚えることもできない自分であった。

今日も運よく生きている。いや~地球に隕石が落ちて来なくて良かった。 寝てたらそのまま死んでましたということも最近増えている。なんでも1日300人くらい突然死してしまうとのこと。 そう考えると俺もたまたま生きているよな。 午前中...
日記

8月13日の自分の1日を記録日記

今日もとんでもなく暑い群馬県。38度を超えても必死に活動してないといけないなんて異常だよな。体温より暑いんだよ。 あ~、おかしい。そんなことを思いながら眠りについた12日の夜から、1日が過ぎた。 午前中 仕事があるので、勉強できる...
未分類

私が不可能なだと思うことをあげてみた。

人生において不可能なことは多くある。これはできないと諦めてしまう方が案外楽な場合がある。 できるとできると思いこんで10年以上努力したけど、結局不可能でしたというオチは避けたい。だから出来そうもないことをあげてみる。 不老不死になる...
仕事

コンビニ店員に怒鳴っても良いことなんてない。むしろ悪いことしかない

先日、スーパーに行ったら怒鳴り散らしているじじいがいた。まあじじいでも若者でもいいけど怒ってもいいことなんてない。怒鳴った本人も怒鳴られた人もその周りの人も良い気分にはならないので、駄目な理由を書きます。 ちなみに私はコンビニバイトの...
マインド

目標設定の仕方:大きい目標と小さい目標を作る

目標を決める。 目標がないと行動の評価ができない。目標というのはその時その時のゴールだと考えて欲しい。 ゴールが決まってないでどれだけ早いか遅いか近いか遠いかのかもわからない。マラソンやレースなら目標は決めてある。しかし、人生に...
健康

耳せんをしたら、快眠できるようになるぞ。というより俺はなった。

今は夏。暑いので扇風機、蚊の季節である。起きている時は気にならないけど、寝る前だと異様に気になってしまうのが私である。 結論からいってしまうと、耳せんをして寝たら、すっかり眠りにつくことが出来た。耳せんを付ける前の快眠度が20%だとし...
競馬

競馬大波乱のレース:1985年天皇賞秋「あっと驚くギャロップダイナ」

競馬では時に予想不能の大波乱が起こる。もし昔に私が生きていた予想を当てられるかと言えば99%無理だ。 現在競馬のG1レースはJRAが公式で配信している。競馬歴の浅い私でも過去のレースを見られる環境が整っている。 スポーツの醍醐味...
日本史

20年以上前の発言がブーラメンだった井沢元彦氏から思うこと

井沢元彦氏は歴史学者を否定しまくっている。その人の作品や評価を批判する方法についても乱暴なやり方である。呉座勇一氏に自説を批判されて、気量が狭く、年配者に対して無礼だと言っていた。 何故私はここまで歴史学者を否定するのか考えていた。理...