南北朝・室町時代の本を紹介するぞ

室町時代と言えば、尊氏が最初に内紛で揉めながら、義満が南北朝を統一。んでもって、くじで選ばれた将軍義教が死んじゃって応仁の乱でボロボロ。

みたいな印象が室町時代に関する本を読み前の私の印象でした。しかし、最新の研究成果により個性的な将軍達がいっぱいいたことがわかります。しかも南北朝、室町時代は後世時代の都合により脚色がかなり実行された歴史があります。

そういった脚色された歴史から思い込みから色々な時代があるんだなということが知ることできます。ここでは南北朝・室町に関する本を紹介します。

室町幕府将軍列伝

この本はこんな感じです

  • 15代将軍それぞれをコンパクトにまとめており、参考文献も豊富。
  • 将軍1人の説明ページの質が良い。量も少ないのでスキマ時間にも有効。

足利将軍15代を扱っているので、どんな将軍がいるかなと思って読むだけでもいい本です。あんまり有名でない将軍も皆個性が強い人達ばかりです。にしても義満が真面目に儀式に参加していてのがとても意外でした。

一緒に読みたい本:歴史REAL足利将軍15代

この本はこんな感じです

  • 室町幕府将軍列伝よりも本書のほうがイラスト、家系図、図説が多いので、室町将軍の理解に役立つ。
  • 室町幕府将軍列伝を読むのが不安なら併読すべき

足利尊氏と関東

この本はこんな感じです

  • 尊氏の実像に近づくために生い立ちから亡くなるまでが前半で後半は尊氏に至るまでの足利氏について説明している本。
  • イラストも説明もわかりやすいのでまずは室町将軍の初代を知るならこの1冊。

足利尊氏は幕府を開くために、なるべくしてなったという話は違うでしょと説明する箇所が印象的であった本です。尊氏は嫡男でもなければ正室の子供でもなかったことは知りませんでした。大河ドラマでは正室の嫡男のように描かれていたのは後世の脚色だったわけです。

場当たり的で気前が良くて受け身がち。戦に強いのに負けてからもしぶとい。まったくもって尊氏という人物は面白いなと本書を読んで思いました。

高師直: 室町新秩序の創造者

この本はこんな感じです

  • 高師直を史実に基づいて書いた本。師直の極悪ぶりを徹底的に叩きのめす著者の熱い意志を感じ取れる本。
  • 高師直は南北朝の重要な人物なので、室町時代に興味があるなら読んでおきたい1冊。ただ南北朝に関する基礎知識がないと厳しいので不安なら図解や参考書が必要な場合もある。

高師直って乱暴者のズルい奴というのが本書を読むまでの印象でした。漫画で大抵嫌な顔で描かれているのも原因でした。しかし、本書では実務に優秀な高師直の一族達や知勇に秀でていることがわかります。

師直は後世の脚色により悪い奴とされてしまったので、その辺の誤解を改めさせてくれる本です。

注意!ちなみに表紙を飾る騎馬武者は師直とは確定されていません。

Sponsered Link

南朝の真実: 忠臣という幻想

この本はこんな感じです

  • 戦前では考えられない皇国史観のベールを剥がす本。
  • 歴史realや歴史人にある後醍醐天皇の家系図を見ながら読んだ本

戦前ならおそらく作者は逮捕されてしまったであろう、本書を読み終えて最初に思ったことはこの一言に尽きます。南朝は戦前には神格化され、南朝は忠臣が多いということになっていました。

まあ、そんなわけないよねと作者が史料から南朝の実像を炙り出します。このような本が出ていることに平和だなと実感せずにはいられません。

楠木正成・正行

この本はこんな感じです

  • 楠木正成・正行の生涯を描いた本。
  • イラスト、図解もあるのでわかりやすいので楠木正成・正行を知るきっかけになる本。

楠木正成・正行は知名度の割に一次資料が少ないので、よくわからないのが実像とのことです。にしても短い活動期間でこんなにも後世に有名になった人も少ないのではと思いました。

実像がよくわからないこそ伝説が生まれやすいのかなと本書を読んで学びました。

 

観応の擾乱

この本はこんな感じです

  • 教科書では1ページぐらいで終わる観応の擾乱を説明した本。
  • 南北朝を理解するためならぜひ読みたい本。しかし、難しいので図説や参考書は必須。

 

足利義満と京都

この本はこんな感じです

  • 足利義満の人生を昔の通説とは違いますよと指摘しつつ、新説を取り入れながら説明する本。
  • 足利義満について知りたいならこの1冊。

足利義満が経済的、武力に秀でていたことがわかる本。南北朝で荒廃した各地の神社やその儀式を復興させたり、強大化した山名、大内を弱体化させたなどが事例です。

にしても神経質で儀式に遅刻する公家に対し遅刻するなという一面もあり、義満に興味が持てる本です。