毎日早起き実践者の朝読書のメリット

読み方

朝読書で朝に学校で読書をすることが奨励されているようです。生徒だけでなく朝活で読書をする社会人の人もいるみたいです。

私の実体験として朝に読書をすると、その日1日が上手くいく気分になります。しかし朝に起きるのは大変です。特に冬の寒い日に起きるのはかなり厳しく、暖かい布団の中から出ることが難しいです。

私は1年以上朝6時より早く起きて読書をしているので、朝読書の仕方と眠気対策の方法をみなさんと共有したいのでさっそく読んでみてください。

朝に本を読むメリット

朝は昼、夜と比較してはるかにフリーです。読書が邪魔されることがないので、誰にも邪魔されずに本が読めます。朝起きていきなり会社から呼び出しをされたりすることはないはずです。これが昼間、夕方、夜だと自分でも考えていない予定がどんどん入ってしまいます。

「いきなり上司から会議をすると言われて、昼に本が読めない」

「夕方になって帰宅しようとしたら、飲み会に突然誘われた」

「帰宅したら、思った以上に疲れて読書どころではなかった」

周囲の人はあなたの予定、計画に合わせて行動してくれないので、読書のために確保した時間が奪われてしまうことがあります。ただし、朝ならこういった想定外の事態はほとんど起きません。

だから、朝の時間は自分の予定通りに読書ができることは大きなメリットです。

あと、誘惑が極めて少ないです。朝のTV番組はとてもつまらないニュースがほとんどなので、見ても速攻で飽きます。これが昼以降だと面白い番組が多くあるので、ついついテレビから目を離せないなんてことがあります。

朝はTV番組がつまらないので、読書に集中できる時間帯と言えます。

朝起きて読書するのは本を読む上で、なかなかに良い環境です。誰かが計画に横槍を入れられることもなく誘惑も少ないから朝読書は本を読むのに素晴らしいスタートを決めることができます。

ただし、最大の問題があります。それは眠気です。朝起きるのが厳しい人ほど辛いです。今回は夜勤の人には厳しいので、夜11時ぐらいには寝られる生活スタイルの人ために眠気からすっきりして朝活読書を習慣化させる方法を教えたいです。

Sponsered Link

最後に:朝読書はフリーな時間帯なので本を読むには最適

朝は誰にも邪魔されません。会社のことや社会のことを忘れて読書に集中できます。問題なのは眠気だけです。

朝読書のまとめ

  • 朝読書は計画通りに実行できる
  • 誘惑が少ない
  • 朝起きるのは大変だが、起きたら顔を洗って目覚める

朝は1日の始まりなので、ここで上手くいくとその日の気分が良くなるのでみなさんも朝に読書してみましょう。以上です。

参考サイト・書籍

よりよい眠りのための12のヒントー睡眠のヒントがコンパクトにまとめられている

秋は「夜型化」の季節 良い睡眠のため、午前中は「上を向いて歩こう!」ー日光の効果について書かれている

コメント