毎日早起き実践者の朝読書のメリットと眠気対策の方法

2018/11/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
フタバコウジ
年間300冊読めたので、読書が中々定着しないで困っている人に本の読み方を教えたいと思いサイトを立ち上げました。ニートでゲーム、ネット依存症だったので、読書のやり方だけでなく健康や睡眠のことも書きます。

朝読書で朝に学校で読書をすることが奨励されているようです。生徒だけでなく朝活で読書をする社会人の人もいるみたいです。

私の実体験として朝に読書をすると、その日1日が上手くいく気分になります。しかし朝に起きるのは大変です。特に冬の寒い日に起きるのはかなり厳しく、暖かい布団の中から出ることが難しいです。

私は1年以上朝6時より早く起きて読書をしているので、朝読書の仕方と眠気対策の方法をみなさんと共有したいのでさっそく読んでみてください。

朝に本を読むメリット

朝は昼、夜と比較してはるかにフリーです。読書が邪魔されることがないので、誰にも邪魔されずに本が読めます。朝起きていきなり会社から呼び出しをされたりすることはないはずです。これが昼間、夕方、夜だと自分でも考えていない予定がどんどん入ってしまいます。

「いきなり上司から会議をすると言われて、昼に本が読めない」

「夕方になって帰宅しようとしたら、飲み会に突然誘われた」

「帰宅したら、思った以上に疲れて読書どころではなかった」

周囲の人はあなたの予定、計画に合わせて行動してくれないので、読書のために確保した時間が奪われてしまうことがあります。ただし、朝ならこういった想定外の事態はほとんど起きません。

だから、朝の時間は自分の予定通りに読書ができることは大きなメリットです。

あと、誘惑が極めて少ないです。朝のTV番組はとてもつまらないニュースがほとんどなので、見ても速攻で飽きます。これが昼以降だと面白い番組が多くあるので、ついついテレビから目を離せないなんてことがあります。

朝はTV番組がつまらないので、読書に集中できる時間帯と言えます。

朝起きて読書するのは本を読む上で、なかなかに良い環境です。誰かが計画に横槍を入れられることもなく誘惑も少ないから朝読書は本を読むのに素晴らしいスタートを決めることができます。

ただし、最大の問題があります。それは眠気です。朝起きるのが厳しい人ほど辛いです。今回は夜勤の人には厳しいので、夜11時ぐらいには寝られる生活スタイルの人ために眠気からすっきりして朝活読書を習慣化させる方法を教えたいです。

朝に読書するための眠気すっきり解決方法

朝に起きられない人はまず朝起きたのためにして欲しいことがあります。それは朝の日差しを浴びることです。朝に日差しを浴びることで起きる時間が早くなります。朝の日差しを浴びるのは10分くらいで私は良かったです。

いきなり朝早く起きようとしても無理です。私は8時起きの生活から朝5時起きの生活になりましたが、アラームを朝5時に設定してもそのまま気付くことなく寝ていた経験があります。

まずは朝起きて8時までに起きましょう。起床時間は朝8時までと曖昧に決めておきましょう。この時してはいけないのは夜更かしです。

1週間くらいしたら、起きる時間を決めましょう。起きる時間はアラームで設定して、アラームは手の届かない机に置いておくのがいいです。寝る前に読みたい本を机に置いておきましょう。前日から読んでいる本、読み直す本がオススメです。

読む本を決めておくと早起きする意欲につながります。しないとなんかいいやと思って、眠ったままになる可能性が増します。

起きられるようになったら、私がしていることは顔を洗うこととうがいです。水を浴びることで眠気が吹っ飛びます。うがいは口が冷たい水により口の中に冷たさが広がって覚醒します。

うがいや洗顔をしないで読書をするとそのまま眠くなって、布団にGOする危険性が高いです。眠気を飛ばしてから、読書に入りましょう。

ここでスッキリしているなら、そのまま読みたい本を読んでしまってOKです。ただし、それでも眠い場合があります。その時は前日読んだ本を復習してみてください。それでも眠いならPCを起動しましょう。

PCにあるブルーライトは脳を覚醒させる効果があります。寝る前に見ると布団に入ってもなかなか眠れないことの原因になりますが、起きたらその逆で覚醒効果には非常に良いです。

ただ、PCを起動すると色々誘惑が多いです。ネットサフイーしようとかyoutubeを見てしまう可能性があるので、ネット接続を切断したからの方がいいでしょう。

Sponsered Link

この章のまとめ

  • いきなり起きるようになるのはなかなか難しいので、最初は朝の日差しを浴びてください。んでもって寝る前に読む本を決めてから寝ましょう。
  • 起きたら速攻で顔を洗って、うがいをしてください。

最後に:朝読書はフリーな時間帯なので本を読むには最適

朝は誰にも邪魔されません。会社のことや社会のことを忘れて読書に集中できます。問題なのは眠気だけです。

朝読書のまとめ

  • 朝読書は計画通りに実行できる
  • 誘惑が少ない
  • 朝起きるのは大変だが、起きたら顔を洗って目覚める

朝は1日の始まりなので、ここで上手くいくとその日の気分が良くなるのでみなさんも朝に読書してみましょう。以上です。

参考サイト・書籍

よりよい眠りのための12のヒントー睡眠のヒントがコンパクトにまとめられている

秋は「夜型化」の季節 良い睡眠のため、午前中は「上を向いて歩こう!」ー日光の効果について書かれている

この記事を書いている人 - WRITER -
フタバコウジ
年間300冊読めたので、読書が中々定着しないで困っている人に本の読み方を教えたいと思いサイトを立ち上げました。ニートでゲーム、ネット依存症だったので、読書のやり方だけでなく健康や睡眠のことも書きます。

Sponsered Link




Sponsered Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 三度の飯より読書 , 2018 All Rights Reserved.