【読書初心者】最初は1ヶ月1冊で全然OK!

2018/08/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
フタバコウジ
年間300冊読めたので、読書が中々定着しないで困っている人に本の読み方を教えたいと思いサイトを立ち上げました。ニートでゲーム、ネット依存症だったので、読書のやり方だけでなく健康や睡眠のことも書きます。

「うお~読書してやる」と気合いを入れたけど、結局3日坊主で読書辞めました。このパターンを私は何回も繰り返しました、もう30回くらいです。

始める時は威勢が良いのですが、結局気持ちが長続きしないパターンって結構あります。本を読めるようになりたいと決意する人もこのケースにハマることがチラホラ。

というわけで何故こんなことになってしまうのかと言うと、いきなりでかい目標を持ち過ぎなんです。最初は小さい目標でいいんです。んでもってその努力をだんだん大きくしていくのが大事。

地道に継続するのが読書では大事なんです!

ということで今回は読者習慣を身につけるために、さっぱり本が読めない人のために

  • 最初は30日間、1か月で1冊でOK
  • 1か月1冊。最初は遅くて問題ない

ということを伝えます。

 

最初は1か月1冊でOK

最初は興味のある分野や歴史ドラマ見た時間のことでもなんでもいいです。気にいった本を1冊読んでみましょう。読んでいてなんか凄い難しそうだと感じたら、その本はまだ読めないレベルなので諦めて違う本でトライです。また読み始めたら、その1か月後を締め切りで全然OK。

で、一番ヤバいのは絶対に読んでやつと意気込むのがヤバい。読書習慣がない状態で本を1冊読むのは凄くキツいです。レベル1の勇者がいきなり魔王に勝負を挑むぐらい大変でしょう。死んでやる気なくなってしまいます。

読めなくてもあんまり気にしないのがいいです。ただ、何故1か月という締め切りを設定したのかと言うと、期限を決めておかないとどうしても怠けてしまうからです。

仕事でもあと30分で終わると思えば出る、火事場のくそ力の活用しちゃいましょう。

1か月1冊。最初は遅くて問題ない

1か月1冊!?え、そんなペースで大丈夫なんでしょうかと疑問に思われる人もいるでしょう。ええ、問題ありません。

何故なら本を読むスピードは知識量に比例するからです。本の知識があればあるほど、読書のレベルは向上します。先程RPGの話をしました。今度も同じ例で。

最初はスライム相手でも苦戦します。中盤のボスを相手を倒すのも大変です。最後には魔王に勝てるくらい強くなってます。その過程で呪文覚えたり、装備を揃えるのが勝てる要因です。

読書も同じで本を読む=経験値を積むということです。最初は簡単な本でも読むのはキツいです。時間もいっぱい消費します。30日間で1冊読むのに苦戦するかもしれません。

ただ、この苦労は当然です。最初から上手くいきません。苦労した経験が次の読書のためのステップアップになります。

電車、新聞、本の宣伝で「速読すれば簡単に100冊くらい読める」みたいなコーピーがあります。宣伝なので真面目に取り合ってはいけません。簡単に初心者が100冊も読めたら、読書離れしているというデーターは出ません。

よって最初は月間1冊のペースで全然ありません。もしも早く読めるようならそれでOK。

Sponsered Link

まとめ

最初から思った通りにできる人なんて本当に極一部です。読めない人が読もうと思ったら、大抵失敗します。

最初は小さいことからコツコツとやっていきましょう。

以上です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
フタバコウジ
年間300冊読めたので、読書が中々定着しないで困っている人に本の読み方を教えたいと思いサイトを立ち上げました。ニートでゲーム、ネット依存症だったので、読書のやり方だけでなく健康や睡眠のことも書きます。

Sponsered Link




Sponsered Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 三度の飯より読書 , 2018 All Rights Reserved.