コンビニの仕事はマニュアル化されているので楽

仕事
この記事は約2分で読めます。
エレ
エレ

コンビニの仕事は多くて大変って書いたあるぞ。仕事の種類も多様だしなんか不安だぞ。

フタバコウジ
フタバコウジ

安心しろ。ほとんどの業務はマニュアル化されている。マニュアル通りにやっていればそのうち慣れる。

コンビニでやる仕事のほとんどは毎日同じ作業です。慣れないうちは大変ですけど、できない人でもできるようにマニュアル化されているのがコンビニのシステムです。

覚えてしまえばどの仕事も楽です。時間内に余裕を持ってできるようになっています。

その店のマニュアル、ルール通りやればいい

コンビニの業務内容はいっぱいあります。あまりにも多くて上げるのが面倒です。でも覚えなくても勝手にできるようになっています。

というのもコンビニの仕事は全部マニュアル通りにやればいいわけです。お店によって多少違いがありますけど、その店のルールは全国にあるコンビニの指示通りにやります。

勤務するお店の指示通りにやっていれば問題ありません。例えばクレジットカードでのレジ、ゆうパックの受付、値札の設定、ゴミ出しなどなど。その店のマニュアル通りにやれば問題ないのです。

なかなか最初はできなくて不安かもしれません。そんな時は一緒に働く人に助けてもらえばいいのです。そのためのパートナですからね。

レジは特に楽勝。マニュアル通りにやるだけでいいからストレスたまらない

コンビニでの業務のほとんどはレジです。多い時は100人の接客をします。

「うへ、100人とか無理」働く前はそう思いますけど、慣れてしまえばどうにかなります。というのもコンビニのレジはかなり機械化されているからです。

割とマニュアル通りの接客でも問題なくできます。私が働いてレジがマニュアル化されて楽だなと思うことをまとめておきます。

  • 決められたことを話せばいいだけ
  • お金を入れてしまえば、お釣りが出るレジ
  • 最新のレジならレジ点検をしないでいい
  • キャッシュレスなのでバーコードを押すだけ

レジの方も一緒に働いている人に教えてもらえば問題ありません。

まとめ:コンビニンバイトは慣れてしまえば楽勝である

コンビニの仕事はそのお店に慣れてしまえば本当に楽です。慣れるまでは大変ですけど、仕事は毎日同じことしかしません。

むしろ仕事には飽きてしまいます。