投資に興味なかったけどインデックスファンドを始める理由

投資
この記事は約3分で読めます。
エレ
エレ

投資信託すれば金が増やせる?おいおい、そんなにおいしい話があるのかよ。どうせ金持ち得意のセールストークだろ!

フタバコウジ
フタバコウジ

実は俺もウソだと思っていた。しかし、我慢強く長期的に投資すれば儲かるらしいからやってみるにした。

投資信託は定期預金みたいなものと思えばいいらしい。そんな知り合いの話を聞いて、嘘だろと思いつつ、私はネットで投資信託をググってみました。

そうするとどうやら低コストで分散投資すれば資産が増えるのは間違いないようです。家に貯金してある金で投資を始めてみようと至りました。

要は楽して儲けられそうだし、失敗しても損失はないだろと言うのが本音です。今まで全く興味がなかった投資を始めようと思った理由について書きます。

低コスト(100円)で開始できる

投資と聞くと、どうせ10万以上なければできないのだろう。

そう思っていたのですけど、なんと投資信託って100円から開始できることを知りました。100円です。

最初知った時、100万円と勘違いしました。100円ですよ、100円。ちょっと節約すれば100円ならすぐに投資できます。

ガチャポンと同じ値段で投資できる時代が来るなんて思いませんでした。子供の頃に放置してある貯金箱を全額投資に回します。

どうせ何も使ってないなら、金にしてしまった方がいいわけです。

Sponsered Link

失敗しても投資した分を損するだけ

投資の最悪ケースは損をすることです。しかし、どんなに大失敗だとしてもその投資だけの金額しか損は出ません。

10万円をあるファンドに投資したとします。そのファンドが消滅したとしても10万円の損失が出ます。10万円は大きな損失ですけど、この損失額が30万円、40万円になることはありません。

投資した額が帰ってこないことが投資の最大の失敗です。それ以上の失敗がないことを知ったのでいけるじゃんと思うわけです。

リスク回避は分散投資で可能

全世界株式、新興国株式、米国株式、先進国株式。とりあえずこの4つの投資をしようと今の所は思っています。

というのもひとつの国、地域だけの投資だと紛争が起きた時に株価が暴落します。まあ、4つの世界で分散すれば大丈夫かなと。

経済の規模はイギリスの覇権以後、勝手に成長しています。情報、モノ、カネ、ヒトのネットワークが膨張する限り、経済成長は続きます。

まあ、世界が成長する恩恵を俺も得ようかなと思っています。

つみたてnisaで非課税優遇がある

nisaというものを利用すると、年間3万円の投資額なら税金を免除される制度があります。こいつを利用すれば、少ない投資額でもお得に始めることができます。

株は大金を投資しないと儲けらないと考えていましたけど、少ない投資でも儲けられることを知りました。

毎月の積み立てで大丈夫らしい

株を投資するという毎日株価のことを気にかける、辛い毎日ではないかなと俺は思っていました。

日経平均株価がいくらとか、ドル安を気にしながら生きるのはいくら金持ちになっても辛いなと。

けど、インデックス投資なら毎月の投資でいいことを知りました。むしろ時間をかけないで地道に株を長持ちすることが大事です。

お、それなら簡単そうだし投資をしようと決意しています。

自分で動かせる余った金があるから

自分の家の経済状況を確かめてみたら、俺が使える金は今の所7万くらいあります。そして毎月1万円は貯金しています。

この1万円を好きなことに使えるわけです。で今の私の支出はブログの運営費だけです。趣味のほとんどは無料だから動かせる金があります。

この余った金を寝かしたままはもったいないので、インデックスファンドをしてみます。

まとめ:インデックスファンド投資やってみます

インデックスファンド投資は低コストでできるし、管理するのも楽そうです。国も投資を推奨してくれているので、俺もやってみます。