自分の正しさを押し付ける人にならない予防方法

会話
この記事は約10分で読めます。

人から好かれるには自分にとって嫌な人のマネをしない。

エレ
エレ

一緒に働いているクソジジイがむかつく。あ~何故俺をあんなにイライラさせるのだ!!

一緒に働いている人がどうもむかついてしまう経験が誰にでもあります。なんといっても職場での転職理由のお約束は「人間関係」です。

職場だけでなく近所付き合いでもムカつきます。しかし、同時にどうにかして皆に気に入られるようになりたいと思ってしまうものです。

じゃあどうすれば人から好かれるようになるのかと言えば「自分がされて嫌なことをしない」これに尽きます。

嫌な気分にさせない=他人から好かれると仮定します。他人から嫌われる行動を上げてそのための対処法を説明します。

本記事の内容

  • イライラして攻撃的な行動は嫌われる
  • 自分の正しさは自分にしか通用しない。
フタバコウジ
フタバコウジ

イライラして正しいことを言ったつもりでも相手は真面目に聞いていません。とんでもないクソじじいを相手にした経験から、よくわかりました。
その実体験をもとに嫌わない方法を書きます。

この記事を読んでもらえれば、人から嫌われない方法が実践できるようになります。人から嫌われたくない人は参考にしてください。

常にイライラして攻撃的で上から目線は嫌われる

  • 常に他人に対してイライラしている
  • 他人の失敗や外見を否定する
  • あんな奴はここから出ていけ!
  • 中退した学生は早く退職させろ

イライラしている発言を聞くだけで聞いている方は凄く嫌な気持ちになります。人は誰かの悪口を聞いているのは疲れます。

何故なら子供の時に怒られた経験があるからです。嫌な記憶はどうしても忘れないで、トラウマに苦しむ人もいます。

  • 学校で先生から怒られた
  • 塾の先生に成績が低いことをしかられた
  • 親に厳しくしつけされた
  • 学校でイジメにあった

はっきり言って思い出したくない嫌な記憶です。どうせ思い出したいなら、家族で昔旅行に行って楽しかった記憶です。

聞いている方は嫌な記憶が呼び起こされるから、誰かを責めている発言は避けたいという心理が働きます。

じゃあ話す方は何故イライラをぶつけてしまうのか?それはもう他人を責める行為によって、自分を認めて欲しいからです。

他人を責める=自分が満足していない人が多いです。自分の現状に不満を抱えている人が多く、ストレス社会と言われる由縁でしょう。こんな状態の人に言い返しても聞いている人は無駄と判断し、適当に会話を流しています。

いくら言っても相手はわかってくれません。だって真面目に聞いてませんから。

イライラして話している人=現状に不満

聞いている人=嫌な記憶を連想するから、適当に聞き流している

まとめてみると、こんな感じで結果として両方に得はありません。

エレ
エレ

けど、イライラしたことを誰かにぶちまけたいじゃん?そんな時はどうすればいいんだ。

対策方法:自分が変わるしかないのだ

まず、イライラを発散しても効果は限定されます。おそらくその効果はイライラしている人の気分が一時的に解消されるだけです。

イライラして攻撃的な言動で問題を訴えてもその問題は解決されません。いい加減で主観的な発言なんて聞いている方からしたら、以下の感じです。

フタバコウジ
フタバコウジ

あ~この会話早く終わらないかな~

エレ
エレ

さっさとこのおっさんどこかにいけよ

また始まったわ。まあ会話のほとんどは寝たら忘れるけど。

聞いている方は聞く気がほとんどないので、問題なんて解決してくれません。あまりにも解決してくれないので、イライラを言う人はどんどん言動が過激になります。

で、その場から浮いてしまいサヨナラされてしまいます。基本的に相手に何かを訴えても無駄です。聞いてくれるだけマシです。

だから自分の行動を変えるしかありません。イライラを消すにはスレトスを上手く発散しましょう。

  • まずは運動をしてみる。
  • ノートに今日1日の良いこと、悪いことを書き出す。
  • 自分の趣味を見つける。
  • 転職活動をする。
  • 副業をする。
  • 会話できる相手を探す

この辺の行動をしてみましょう。自分のイライラを消すには自分で何とかするのが1番楽です。

イライラして怒りを発散しても相手に嫌われるだけです。

自分は誰よりも正しい!それ相手にされないよ

「自分のことは棚に上げて、人にばっかり文句を言うくせに自分は仕事をしない」「苦手なことは全て他人任せで、やろうともしない」「注意ばかりするくせに、仕事が遅いし失敗ばかりする」

自分だけが正しくて、他の人が間違っていると平気で言います。思っているわけではなく、言動で示します。

私の経験上ではイライラじいさんは中国人が時間通りにしか働きない態度にキレてしまいました。

おまえの国では時間通りに自己中心で成り立っているだろうけど、日本じゃ違うだよ!

てめぇ、日本の文化についてちゃんと勉強してのか?こんな忙しいのだからちゃんと残って仕事しろ!

しかし、このおじさんは仕事が遅くて、周りからも不満の声がかなり上がっていました。勝手に自分のペースだけで仕事をしてレジの基本業務もタバコの場所も覚えていないくらいです。

できない業務をやる気もなく、全て他人任せです。私がタバコを覚えるように頼んでも、「フタバさんがやればいいんだよ。俺は忘れっぽいし」という言葉です。

あのじいさんは大変だから、一緒にシフトを組まないで欲しいと中国人だけでなく、日本人のアルバイトも嫌だと店長に相談していました。

結果、このじいさんは中国人への怒りの言動をきっかけに、職場の皆さんから総スカン状態されました。その結果爺さんは退職しました。

このじいさんは何が駄目だったかと言えば、俺は正しいと思い込んでいたことです。私に対して常日頃から言ってました。

「韓国人だから、真面目に働かない。国民性がこの仕事には合わない」

「ベトナム人は能力が足りない。やる気はあるんだけどな」

「留学生で優秀だけど、所詮中国人だな」

私は内心聞いていて、「うへぇ・・・。これ俺に対して言っているだけならいいけどな」と思っていました。

あまりにも心配なので、「まあ、色んな人がいますからね。国といっても数千万いますし。」ととりあえず落ち着いてくれないかなと発言しました。

しかし、このじいさんはこう俺に返しました。「いや、俺は外国で仕事をしたからわかっている。俺は正しいだろう。少なくともあなたより詳しい」と。

結局、このじいさんは自分は正しいと思い込んで、オーナーからリストラされました。確かにこのじいさんは外国での職務経験がありました。しかもじいさんだから若い人よりは人生経験豊富なはずです。

しかし、相手が自分の思い通りの人間であるわけありません。ましてや自分の正しさを皆が認めていると誤解していました。

相手が必要以上に自分の評価をしてくれるなら、それは好かれている場合だけです。俺は正しいから大丈夫なんて認識は捨てた方がいいです。

エレ
エレ

自分の正しさを相手に押し付けない方法はないものかな?

自分の正しさが絶対ではない

このじいさんは中国人はやる気がなく、個人主義な奴という発言をかなりしてました。まあ、そういった面はあるかもしれません。日本人との違いもあるでしょう。

しかし、目の前にいる中国人が本当にやる気がないか、個人主義な人と断定するには材料不足です。もしかしたらやる気があるかもしれません。本当に日本に馴染もうと努力しているかもしれません。

その人の内面を判断するための材料は不足しています。中国人と言っても10億以上の人達がいます。中国の人に中国人の国民性について尋ねても絶対に正しい答えは出せません。

人の内面は心です。家族の心、奥さんの心が完璧にわかるなら、喧嘩もしないで皆幸せな家庭を築けます。けど悲しいかな。

離婚したり、虐待される現実があります。自分の正しさなんてまず他人に通用しません。

エレ
エレ

相手の気持ちは完璧に理解するのは大変だな、うん。しかし、この中国人は忙しいから残って仕事しないのは駄目じゃないか?

Sponsered Link

勝手に自分は正しいと思い込んでいたのはじじいです

確かにこの中国人は忙しい中、退勤時間だったので定時に帰りました。で忙しい帰ろうとしたことにじいさんがキレました。

しかし、この忙しさを作ったのはじいさんでした。じいさんはいつも仕事に入ると、ゴミを片付けます。裏のダンボールも片付けます。

ぶっちゃけ、この作業の優先順位がおかしかったのです。別にゴミ箱のゴミはそんなに溜まってないし、裏のダンボールなんて後にいいのに、時間をそっちに回しました。

そのじいさんがちゃんとレジに居ればいいのに、お客さんが並んでしまったのです。レジに並んでいるお客さんよりも自分の仕事を勝手に優先しました。で、レジで混み合った多忙さをその中国人に押し付けたわけです。

中国人からしたら「ゴミなんか出してないで、さっさとレジをしてください」というとのことでした。しかし、このじいさんは「てめぇら誰も片付けないから、俺が店を綺麗にしてやっているのに」と反論したようです。

レジもしないでタバコも覚えないで自分にとって得意な掃除ばかりしているじいさんに皆ウンザリしました。

仕事ぶりなら相手を判断できます。いい加減な仕事ぶりなのかどうなのかは外面だけですからね。

で、このじいさんとこの中国人を比較します

じいさん:レジよりも掃除優先。頼まれてもタバコを覚えない。掃除以外他人にお任せ

中国人:レジ優先。タバコもやるし、ゴミも捨てる。FFもコーヒーの業務もする。

ぶっちゃけじいさんと中国人なら中国人の人が色々な業務をやってくれました。じいさんは俺は色々やっても忘れると言い訳して、皆に掃除以外に仕事を押し付けていました。

でしかも俺は正しいと偉そうにしていたわけです。

対策方法:自己評価をするには他人の評価を聞く

こうならないためには本当に自分がちゃんとできているのか正確に自己評価するわけです。自分の得意なことだけして、相手を偏見し自分の正しさを押し付ける。

こんなおっさん誰からも相手にされませんよね?100%相手より優れていると断定できますか?

相手に仕事を任せている時点で少なくとも自分の方が絶対に優れていませんよ。そもそも相手に対して優れているかどうかを判断するのは自分だけは無理です。

無理だけど、なんとか自分の気持ちを落ち着けるために自分の正しさを冷静に考えてみましょう。正しいと皆が共感してくれるほどの知識はありますか?

世の中の正しさなんてどこまで本当かわかりません。自分にとって良い行いが相手に通用するわけではありません。いくら本を読んでも、1年で200冊以上読んでも正しさなんてわかりません。

とりあえず自分の正しさと主張することがどれだけ皆に通用するのか考えてください。なんならノートに図解してみてください。説明できないなら、他人に通用する正しさではないのです。

と言っても自分が正しいと思い込んでいると、冷静な評価が下せません。

タバコを覚えないでレジより掃除優先。コーホーマシンもFFの業務をしないし、習得しようとしないで俺は職場の誰よりも貢献していると俺に言っていたくらいじいさんがいたわけです。

じゃあどうすればいいのかと言えば、他人に聞いてみることです。

他人に聞いてみる

オーナーはリストラしたおっさんについてこう愚痴をこぼしました。

「世の中色んな人がいるよな。けど自分がやりたくない業務、しかもレジを他人に押し付けて、自分だけが正しい、偉いなんてな。俺より年上なのに全くウンザリしちゃうよ。あ~、あのおっさんの愚痴聞かないで明日から楽だわ」

散々な評価です。オーナーがこんなぼろ糞評価なのに俺は正しいと威張ってしまえば、誰もかばってくれません。

問題になる前に自分の仕事ぶりについて、オーナーに聞いてみれば良かったのです。そうすれば自分の仕事の優先度がおかしい、ただの独りよがりだったと気付くきっかけになりました

私の店ではあくまでレジ最優先なので。と言われたらその指示に従えばいいわけです。相手の意見を聞けば、少しだけ自分のやり方を変えられます。

もちろん、自分の好きな作業、趣味に没頭する生き方を否定しているわけではありません。しかし、自分の意見だけが正しいと思い込んでしまうと、その時点から自分で考え直すきっかけが掴めません。

自分のやり方がおかしいなと気づくのは何か外からのきっかけです。で1番効果的なのは信頼している人からの言葉です。

職場だったら上司や同僚、家族だったら仲の良い兄弟や両親です。友達だっていいでしょう。で1番自分を見てくれている人の意見はちゃんと聞いて、その意見で自分のやり方を見直してみましょう。

 

まとめ:嫌わないために自分が嫌だと思う行動をしない

常にイライラして攻撃的

俺は正しい、偉いと思い込んで他人に接する

この要素を満たせば、もう他人から嫌われます。上辺だけの付き合いで適当に流されています。問題を起こしても、誰もかばってくれません。

じゃあ嫌われないためにはどうすればいいのか

常に他人にイライラして攻撃的で正しいと思い込んでいる

常にイライラして攻撃的➡対処法は自分だけでできるストレス発散法をする

俺は正しい、偉いと思い込んで他人に接する➡他人との内面比較でなく、業務や努力する姿勢を比較する 

以上です。