【ほぼ無料で本を探す】方法新聞と週刊誌から本を探す方法

新聞を読みなさいと言われたことは数知られない私。小学生の頃はかなり言われた記憶がある。そして全く新聞を読まなかった。このサイトを見ている人も言われたことがあるかもしれない。

今でも私は新聞をあまり見ない。新聞はあくまで何か新しいことを学ぶきっかけなので、私としてはじっくり読まないスタイルだ。

新聞の読書広告から読みたい本を探す

新聞の1面から4面くらいまでに本の広告がある。話題のベストセラーや往年の名著が広告に乗る。この広告から読みたい本を知ることができる。

毎日、朝日、読売などいろいろあるわけだ。ひとつの新聞だと情報が偏るので色々読むことで考えが固執するのを防ぐことができる。

え?新聞の購入代って最近高いし、何個も新聞なんか買いたくない。そもそもネットでいい。

 

新聞というとわざわざ購入するのが面倒だと感じる。かくいう私も親が勝手に新聞をとっているだけだ。私としては全く新聞を取るつもりはない。

というのも金がかかる。それに整理するのが面倒。新聞って意外と場所をとり、捨てるのも面倒だ。

金も場所もかかる新聞。そんな不安を解消するのが図書館だ。私の図書館は新聞を取り寄せている。図書館なら無料で片づける必要もない。

そもそも新聞は真面目に読まないで、広告で話題の本を確認するだけだ。図書館に行って、新聞を読む。話題の本が何か確認するには図書館だ。

ネットだけだと自分の読みたい本しか見つけられないので、私は新聞をオススメする。けど新聞って自分のことを悪く書く本は紹介しないのではと思う。けど大丈夫だ。

朝日ぎらい、偽善者列伝、日本国紀、など既存のメディアを否定的に書いている本も平気で掲載されていた。朝日ぎらいなんて朝日新聞が見たら、怒り爆発しそうなタイトルだけど大手の新聞は平気で広告で紹介していた。

図書館なら読みたい本を見つけたら、その本があるかどうか確認できる。読みたい本があれば借りればいいし、なかったら読書メーターに本を登録すればいい。

スマホは図書館によっては禁止されていたりするので、読みたい本はメモ帳に書いておこう

新聞で紹介されている本が全ていいわけではない。ネットと比較すると自分にとって思いもよらない本を新聞で知ることが出来る。

新聞で見つけた知らないタイトルを検索するとアマゾンの履歴も変わり、自分の考えが広がる。本の購入者も違うデータになるので、とにかくオススメだ。

また読書メータにも登録して、読みたい本をしっかり登録しよう。

Sponsered Link

週刊誌からも可能

実は週刊誌でも同じ方法で可能だ。週刊誌には広告だけでなく本の書評ページがある。この書評を見て気にいった本を読書メーターに登録すればいい。

新聞と一緒で図書館にも週刊誌はいっぱいある。わざわざ家で買う必要はない。金よりも掃除に手間がかかる。図書館なら綺麗に読めば、勝手に掃除もしてくれる。

意外と知っていたと思った分野でも知らない本が見つけられるので、どんどん週刊誌、新聞を図書館で見よう。そして気にいった本は読書メーターに登録すべし。

まとめ:無料なので、大いに図書館で新聞、週刊誌を利用しよう

無料本を探す方法:図書館で新聞と週刊誌から探す

  • 図書館で色んな本を読む
  • 新聞ならネットと違い色んな分野の本が読め、知識の幅が広がる

無料なことはまずいのではないかと思うが、そもそも市立図書館は税金で成立している。俺の意思に関係なく新聞を購入しているのだから利用した方がいいんだよ!!

コメント