転職活動したら、早速4社からお祈りメールが来たよ。落ちた気分はがっかり。

仕事

仕事を辞めてから、1週間近くが経ちました。その間に就職しないと食っていけないので転職活動を再開。

あと辞めるちょっと前から転職活動をしていたので、アルバイトをしている時に2社と面接してました。

そして、今週になって面接した4社から合否結果が告げられました。結果は全部不採用。タイトルからネタバレなんですけどね。

フタバ
フタバ

まじかよ・・・。全部落ちるとは。

実は結構ショックです。何故なのか?どんな会社を受けたのか?について次から書きます。

受けた会社は本屋で志望動機は本が好きだから

私が受けた会社は全部書籍を扱っていました。本だけでなくCD、DVD、レンタルもしている会社もあったけど、自分としてはその3つも興味があったので余裕で合格すると思っていたのです。

受けた会社では全部募集要項に「本好きの人」と書かれていました。面接でも好きな本はありますか?と言われて、ちゃんと読んで気にいった本を答えました。

履歴書にも「年間300冊読書」したことをアピールしたので、自分が本好きであることは相手に伝わったはずです。

しかも、簡単な計算問題をやり終えると、「お、凄い出来てるね。なかなかここまで解けた人はいませんよ」と言われました。

自分としてもかなり手応えを感じていました。あとね、会社からご連絡は電話でお伝えいたしますとも言われました。色んなサイトを見ていたら「メールではなく電話で結果を伝えられる」のは合格サイトと書かれていたこともあって、もう気分は合格気分でした。

しかし、

「ご活躍を心よりお祈り申し上げます。」(書籍関連の4社から)

フタバ
フタバ

なんでだろう~、なんでだろう~。ドナドナドナドナドナドナ~♪

早く来てくれ!!ドラえもん!!!!(現実逃避)

お祈りメールが1つ来た時はあまりショックではありませんでした。まあ、3つのうち2つぐらい合格してるだろと思って、前祝いにラーメンを食っていましたからね。合格気分を勝手に満喫してました。

しかし、1日に2社目、3社目が不採用だった時はとてもショックでした。実家暮らしなので母親に採用されなかったことを告げるのは勇気が必要で、泣きそうになりました。

最後の会社が落ちた時は、もうショックでその日は何もしない、何も考えないで1日を過ごしました。4社目が落ちた日記にはこう書いてありました。

「トホホ」以上

Sponsered Link

落ちた原因はブログをしていたことだろう(適当)

今になって冷静に考えてみると、どうやら落ちるのは当然だという心構えが必要なようです。落ちた人は20社ぐらい落ちるのは普通みたいです。

もう4社落ちて、やる気なし状態で転職活動を停止させるか
まだ4社だし、今後もその失敗原因を見つめて転職活動を続けるか

の二択ですよね。まだ50社落ちたわけではないので私は頑張ります。

あと、何故落ちたのかその失敗原因を自分なりに考えてみないと駄目でしたね。理由としては副業していたことを告げたことでしょうか?

このブログは月にコンビニ弁当1食ぐらいの稼ぎを出しています。(少ねぇ・・・)

今度の会社ではブログをしていることは伏せて、面接に望みます。これで駄目なら運がなかったのだろうと諦めて、次の会社の面接ですね。

それでも駄目なら30歳でまともに働いていなかったことですかね?まあ20代の過ごし方は今になって変えることは出来ませんからね。

タイムワープ出来ませんから、今そこにある現実と向き合っていかないと駄目なんですよ。

ベストなのはブログを収益化です。しかしこれはこれで中々大変です。今は会社勤めとブログの2つを頑張らないとやっていけないのが現実です。

まとめ:受かるまで転職だな

本を年間300冊読めれば、本屋に就職できるわけではありませんでした。まあ4社不合格だからと言って、その失敗を成功につなげるように頑張っていきたいと思います。

以上、読んでいただきありがとうございました。

コメント