語学はした方がよさそうだ

AI翻訳により近い将来、外国人と話すこと、洋書を読むことが可能になると私は思っていました。どうせ機械が翻訳してくれるのだから、語学の勉強はしなくていいと完璧に英語を勉強しない言い訳を作っていたのです。

ただ、AI翻訳で外国人と話せるようになる未来は到来しないようです。AI翻訳はネットのビックデータを用いて会話するので、どうしても内容や表現がくだけた印象になるようです。

TOEIC800点レベルの英語力らしいが、それで英会話ができるのかは微妙です。どこかの本でTOEIC900点レベルの獲得者がちょっとした英語の質問に答えらないという話があるので、どうもスコアがいいから英会話できるのは私としては安心できません。

私は海外のサイトでロシア人とメールでやり取りした経験があります。どっちも英語が下手なので思ったことを伝えることができませんでした。メールをするにも辞書を見ながら、タイピングしているので1つの文章を送るのに30分以上私はかかっていました。

自動翻訳も利用しましたけど、文章の訳がわからないので伝えたい表現から大きく離れてしまいます。某動画の再翻訳シリーズのようになっていたかもしれません。

どうやらAIに会話を任せるよりも自分でやった方が良さそうだと最近思ったきっかけです。

AI翻訳が実用化されるのもまだ5年以上先で、1年後にAI翻訳で外国人とストレスなく話せるようになるようにはなりません。

英語を含めた語学を勉強しない言い訳にはならないので、どうやら語学の勉強を始めた方が良いと私は思っています。どうせ何年間待つなら自分で勉強した方が早いからです。

英語を含めて他の言語を勉強すれば就職にも有利になるし、英語の勉強を教えることでお金にもなりますし、誰かの役の立つことで自己肯定感が生まれます。誰かの役に立つことはやっぱり嬉しいからね。

あと歴史の本を読む時に、外国人が書いた本の和訳ってどうも読みにくいです。これなら最初から自分で読んだ方がいいのかなと思っています。あとはアメリカ人が書いた日本人の暮らしについての種類の本を読んでみたいね。

しかし、困ったことに英語の勉強は大学受験以来まったくしていません。英語関連の本は読みましたけど、それは英語をどのように勉強すればいいのかについての本です。実際に単語を覚えたり、問題を解いたりしていません。

TOEIC800点レベルならAIが到達したらしいので、それ以上の英語力であったり色んな語学を勉強できるようになるのが目標ですね。ちょっとした英会話ならAIがしてくれる時代が何年後かに到来しそうなので。

今から英語を勉強するのは結構大変かもしれないけど、ある意味ここから英語ができるようになったら私にとっては成功体験になります。30代にもなって英語や他の言語ができるようになったら他の人にもそのやり方を説明したいです。

TOEIC800点のスコアを取って、はい終わりではなくそれ以上の何かを見出したいです。

まとめ:何年も待てないので自分からやるよ

本音を言うと、AIが外国人との会話をしてくれる未来が明日到来すれば、英語の勉強なんてしません。ただ、すぐには到来しないので、語学の勉強を始めます。

5年先のことなら自分で勉強してできるようになった方が早そうですからね。以上です、読んでいただきありがとうございます。

コメント