寒くて読書できないなら電気ひざかけを使用しよう

この記事は約2分で読めます。

寒くてさっぱり読書ができなかったので電気ひざかけを買いました。勉強している時にひざにかけれるだけで寒くても勉強できるようになってハッピーです。

寒くて読書、勉強、座って作業ができないならこれでいいので皆さんにお勧めします。

毎度のことだけど、冬は寒いです。あまりにも寒いので何もする気が起きません。読書しようにも寒いので布団から出られないことも多かったので大変助かっています。

使用感:簡単に使えてコスパがいい

使ってみての感想は非常にいいです。簡単にまとめると暖かいし、楽に使用できて、コスパがいいです。

1つ目の理由として座って膝の上にかけるだけで太ももから膝のあたりまで寒さを感じません。上半身は寒いけど、我慢できます。座って作業をしていると寒くて膝が震えます。

上半身ならいくらでも服を重ねてしまえばなんとなります。しかし、下半身は重ねても無理だったので、電気ひざかげはとても役立っています。

特に冬の寒さがきつくなる夕方から夜にかけての作業が可能になりました。電気ひざかけがない時はもう嫌になってコタツで延々と録画したテレビ番組を見ていました。

え、コタツで読書すればいいじゃんだって?親がコタツにいるのに読書に集中できないから無理です。私は自室でゆっくりと読書するのに慣れているので。

使用方法は簡単です。コンセントを電源に差し込んで、温度を「弱」「中」「強」を選択すればいいだけです。温まる時間は5分ぐらいです。

どうしても寒い時は電気ひざかけを上にして、普通のひざかけと重ねて使用しています。

電気ひざかけの上に物は置くとダメと説明書に書いてあるので、電気ひざかけは上にかけましょう。

あとはなんといっても安かったです。というのも寒さ対策の暖房器具は2月ぐらいになると処分セールで5割引きぐらいの値段になります。アマゾンや楽天よりも格安に買えます。

「コウデン 電気毛布 ひざ掛け 140×82cm 」のネット価格の現在(2月24日)の値段は4480円です。私が店頭処分セールで買った値段は税込み約3000円でした。

季節モノの電気製品って季節によってここまで値段が違うのかと驚きました。

Sponsered Link

寒くてデスクワークできないなら、電気ひざかけを

寒くて何もしなかった2月ですけど、電気ひざかけを購入したおかげで記事がこうやって書けました。膝や下半身が寒いなら電気ひざかけを購入して寒さ対策をしましょうねというお話でした。