コンビニのバイトで店長からのシフトの変更を断る方法

仕事
この記事は約4分で読めます。
エレ
エレ

いきなり店長から明日出てくれと言われた。突然の変更なんて聞いていないから、びっくりして了解しちゃった。まじで後悔だよ。

フタバコウジ
フタバコウジ

シフトを断る時は、最初にこの日、この時間は出られないとはっきり言っておこうな。とにかく前もって決めてしまえばいいのだ。

コンビニで困ることと言えば、シフトの変更やヘルプを頼まれることです。「頼む。急なんだけど今日の夕方出てくれ」と言われて、嫌々シフトを変更してしまう経験が私にはあります。

じゃあ、どうすればいいかと言えば、受けに回ってはいけないということです。もうシフトは「この時間しか出られません」と言えばいいのです。

受けに回ってしまえば、あれもこれもと店長の希望を聞くことになってしまう事態は避けましょう。

Sponsered Link

自分のシフトをはっきり伝える

自分のシフトは「火・木曜の夕方5時から夜の10時」それ以外は出ないとはっきり言うバイトの人がいます。

その人はそのシフト以外ほとんど出ません。自分のシフトを特定の日付・時間を具体的に言ってしまえば、もう店長もそれに従うしかありません。

店長としては困ったものです。誰かシフトを埋めてくれる人を探します。

じゃあ、シフトを変更させやすい人はシフトの希望が曖昧な人です。「週4で労働時間25時間くらいで朝、昼、夕方ならいい。曜日の希望はない。」みたいな人です。

これなら店長からしたら、頼みやすいです。もしも、土曜日の昼のシフトが空いたとします。

最初の「火曜・木曜」しか出ない人と「週4で曜日の希望のない人」どちらが頼みやすいのかと言えば、そんなの後者です。

店長からしてみれば、シフトの曖昧な人がお願いしやすいのです。だから、シフトの断る方が嫌だと思うなら、最初からはっきりとシフトを伝えてしまえばいいのです。

これならシフトを突然変更されたどうしようで悩みことはないのです。

コンビニバイトの申し込み⇒アルバイトの求人検索ならマッハバイト

シフトが具体的に決められない時の対処法

と言っても、なかなかシフトが具体的に決められる場合もあります。バイトの面接ではっきりシフトを決めてしまうと採用されないと不安です。

その不安からシフトに関して具体的に言えない場合もあります。2週間、1か月後の予定がちゃんと決めるのは難しいです。

そもそも家の都合もあって、シフトが不規則な人もいます。じゃあどうすればいいのかと言う話です。

出られないシフトは出られないと早めに対処する

シフトで一番駄目なことは急に出られないことです。急に出られないのは店長にとって1番のストレス。

店長がキレて、怒られてしまうこと確定です。怒られるのを避けるのは出れそうにないと思う日付はシフト表に×を書き込んでしまいましょう。

とにかく早めに具体的に言うのがベストです。

「私はその日出られません」という意思表示をするのです。空いた分はシフトの管理者が勝手に調整をします。その結果誰かが空いたシフトを埋めてくれます。

それでシフトが埋められないなら、駄目なら店長からどうにかシフトをして欲しいと電話をします。

じゃあこの時の断り方についてです。

学校があるから無理

もしも、学生なら「授業があるから無理」で断ってしまえばいいのです。学校を休んでまで、コンビニのバイトなんかしなくていいです。

「皆が困っている」「店長が困っている」なんて無視。どうしても出たいなら1週間や2週間だけです。それで人も雇えないようならそんな店は潰れてしまえばいいのです。

家の用事

家の用事ならだいたい断ることは可能です。家族との予定が1週間後にあると言えば、店長は断れません。

「家の用事が1週間前から決まっている」のでとシフト表に×を書いてしまえばいいのです。ここで大事なのは1週間前それよりも前にシフトに書いて、店長に知らせましょう。

シフトを組む時は絶対に相手になるべく私は出られませんということを共有すべきです。

それでも出て欲しいと言っても、断るしかありません。

もう少し早く言って欲しかった

この方法は自分でシフトを決められる人、そしてシフトを早めに入れるのが早い人ほど効果的です。

いきなり1日、2日前に決めても効果はありません。

最後にこれ。代わりの○○さんはどうでしょうかと勧める

シフトの変更を頼まれたら、他の人にあたってくれと言えばいいのです。

学校の授業がある、家の用事がある、もう少し早く言って欲しかった

と言います。けどこれじゃあ自分の主張をしているだけです。それじゃあ代わりに○○さんはどうでしょうかと勧めてしましょう。

あくまで自分は無理だけど、自分なりにシフトのことを考えている姿勢を見せます。それで代わりの人もダメと言われても、出なくていいのです。

とりあえず妥協して、一緒に考えていると姿勢を見せれば相手も納得してくれます。