30代になって今更働くこと、稼ぐことの理由を自分で発見した

正直、金を稼ぐことについて私は前向きになれなかった。というのも金を稼いで何をやりたいわけでもなく、将来の夢などほとんどなかった。

まあ、お金がなくてもその辺でホームレスになればいいのかと漠然と考えていた。あくせく働いても結局死んでしまうのが人間である。

努力したって無価値と思って、30年以上の人生を過ごした。だが今更になって働くこと、お金の大事さを知った。

寒いってとても辛い

寒さに辛さを人生で初めて知った。というのも家の暖房が故障してしまい、寒さを我慢することになってからである。

寒いと体の手足が痛くなる。全身から力が抜けてしまい、布団から体を出すこともできない。寒過ぎて食欲も湧かずに朝ご飯も食えない。

部屋にいて寒すぎて辛いのである。野宿生活や車上生活をしている人はもっと辛いだろう。寒さのきつさを知った俺はホームレスや暖房もない部屋で暮らすのは無理だと実感した。同時に今ある家を作ってくれた両親に今更ながら感謝している。

この家がなかったらもう寒くてどうにかなってしまった。寒さをしのげる家があるおかげで今の日常がある。

それにしても暖房のない生活が辛いなんて夢にも思わなかった。暖房がないと寒さに耐えることができないことに今更知った。30過ぎて気付くとはね。

暖房は当然ながら金がかかる。光熱費というわけだ。最新の暖房器具に買い替えるのだって最低でも2万円くらいはかかるだろう。

この費用をどうすればいいかと言うと金を稼いで買うしかないわけだ。まさか盗むわけにもいかないし、暖房器具を自作できる能力は俺にはない。

家の庭でたきびをしたって、夜寝ている時の寒さを和らげることは無理だ。といより火を扱うのが怖いので暖炉やストーブも俺は利用したくない。

どうしたって暖房や光熱費のために金が必要になるわけだ。生活費を稼ぐために働かないといけないという当然のことを今更知った。

世の中、人のためや自己実現という夢もあっていいかもしれない。しかし、自分の生活のために金を稼ぐ。そんなことを冬の寒さから教えてもらった。

そうか、金がなければ寒さもしのげないのである。寒いと死ぬのが嫌で、寒い時に快適な暮らしをしたいから金を稼ぐ。やっとこさ金を稼ぐ理由を今更自分で納得して発見することができた。

Sponsered Link

生活保護になっていいかもと思っていたけど

私は金を稼ぐことに後ろめたさを感じていた。世の中には自殺者、うつ、依存症の人が多くいる。自分に満足しない生活をしている人がどこかにいる。

そんな人達を放置して生きる自分がとんでもなく嫌だった。どんな綺麗事を重ねても自殺者を助けないで自分の生活のために頑張ることが私には納得できなかった。

自分の夢ややりたいことを実現するために努力しようとも何かを見捨てている自分がどこかで嫌いである。働くことも長続きしないし、生きる気力すらなく死ぬ気力すらなかった。

このまま親が死んで、親戚からも放置されて生活保護になるのかなと思っていた。しかし、生活保護になってもどうやら満足な住宅に住むことができずに結局ホームレスになってしまう人もいるようだ。

住む施設によっては寝ている時に南京虫に噛まれて足が真赤になったり、せまい部屋に2段ベットを詰め込み脚や手を伸ばすと他人に当てるぐらい劣悪な環境である。

自分はそんな場所に住みたいかと言われたら嫌である。どうやら生活保護の場合だと最低限の生活ー寝る、食べるを満たすプライベート空間ーが保証されていると絶対に思っていたがどうやら違う場合もある。

家がないとなにもできないわけだ。どうやら国は100%当てにしてはいけないし、自力で稼ぐこと、生きる力を鍛える必要があるのだ。

寝る場所ぐらい自力で確保する力がないと何もできないから頑張る。

まとめ

稼ぐ理由について
  • 寒いのが嫌だから働く
  • 自分の寝る場所を確保する

中学生になってから、ホットカーペットを親戚からプレゼントされたし、暖房も子供の頃から自室に設置されていた。

外に行けば寒いと感じることはあったけども、そんなの一瞬のことであった。家に行けば暖かい空間が存在した。

暖房が故障して家の暖かさを維持、確保するために努力することの理由を今更知った。

 

コメント