書評

スポンサーリンク
書評

【感想:送り火】いじめを解決して傍観者になるな、無理!!

読む前にいつものようにアマゾンの紹介文を読んでから書かれている内容を予想しました。 内容紹介 第159回芥川賞受賞作 春休み、東京から山間の町に引っ越した中学3年生の少年・歩。 新しい中学校は、クラスの人数も少なく、来年には統合...
書評

【感想・万引き依存症】誰だって万引き依存症になる可能性がある

万引きをどうしてしてしまうのだろうか?それがこの本を最初に読んだ理由です。私は万引きをする人はどんな人達なのか知りたいとも思っていました。読む前はなんか遠い存在のような感覚だった万引き実行犯でした。 しかし、読んだらどうして自分だけが...
書評

【感想・東大読書】偏差値40以下でもできる考えて読む読書法

本を自分の頭で考えて読む。 理想的な方法だけども、これがなかなかできないのが現実です。私もこの本を読むまでは全然本を考えて読んでいませんでした。なんだか長い文章を読んで、頭が良くなった気分に酔っていました。 この本は本を読む前に...
書評

【感想・アウトプット大全】毎日の生活が充実できる本

私はこの本を読んでアウトプットの重要性を知りました。読む前と読んだ後のテンプレで私はブログを書く気持ちがとても楽になりました。 学びを結果に変えるアウトプット大全 posted with ヨメレバ 樺沢 紫...
書評

【感想:日本軍兵士】日本軍はブラック組織だった

日本軍がどれだけ精神衛生面で辛い状況に置かれていたのかがわかる本。どんだ辛い状況だったかというと戦地での兵士におけるサポート体制が整っていなかったことです。 病気を治せない、虐めは横行する、飯はない、自殺した奴が悪い、主に私は感じたこ...
書評

【感想:ヒトラーの演説】ヒトラーの演説は常に激しくなかった

ヒトラーと言えば、ナチスを率いた独裁者です。ヒトラーが売れない画家から最高権力までなれたひとつの要因として演説の巧みさがあります。 私もヒトラーの演説のことに興味を持っていたので、ヒトラーの演説を読んでみました。 ...
書評

【感想:仕事に効く教養としての世界史】昔と今は違うことがわかる本

この本を読んだきっかけは以前出口さんの本を読んだことがあったことが理由の1つです。歴史の本の読み方について語っていたので、世界史に詳しいであろうと自分の中で安心してました。 あとは仕事に効くというフレーズです。仕事をする上で歴史のこと...
書評

【感想:未来の年表】人口が減るけど、俺ができることを考えてみた

日本の人口が減りまくったらどうしようと思わせてくれる1冊。それが今回の未来の年表です。 1章は人口減少社会になる日本で国がどのような未来を辿るのかを予想しています。2章は人口減少によって、起きる問題の対策を国がどうすべきかで書かれてい...
書評

【感想:お化けの愛し方】お化けは世の中の不満から生まれた

お化けが誕生した過程を紹介した本です。この本では中国で生まれたお化けが日本、タイなどの他の国にどんどん広がっていったと話しています。 お化けを生み出した人達はどんな人であったのか?に興味がある人は楽しく読めると思います。あと鬼太郎や目...
書評

帰宅して職場のストレスが解消できないのは自分の責任だった?

『「苦しい」が「楽しい」に変わる本 ~ 「つらい」を科学的になくす7つの方法~』はストレス社会日本でのストレスとの付き合い方が楽になる本です。 突然ですが、職場でイライラした経験はないでしょうか?離職する主な原因は対人関係が多いので、...
書評

【書評】新解釈・関ヶ原合戦:従来の説崩壊!?秀秋は即裏切り

関ヶ原と言われて思い浮かぶことは結構あります。 西軍と東軍の激戦、小早川の裏切り、島津の退け口、島左近、大谷吉継の戦ぶり、家康の謀略。 大河ドラマを見た人なら、関ヶ原見て興奮した経験もあるでしょう。しかし、最近の関ヶ原研究が進ん...
書評

【書評:感想】難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください

子供の頃、学生の頃、誰でも学ぶ英語。得意な人も不得意な人もいます。私は英語の勉強そのものは好きだったのですが、今ではTOEICの試験受けたら400点取れないでしょうね。 今の時代は就活で英語があると面接で採用されやすいですし、海外旅行...
書評

【書評・感想】九月、東京の路上で

本書は震災に混乱した時、犠牲になった朝鮮人、中国人、日本人を紹介しています。その原因として作者は人種差別を強く非難しています。 人種差別主義者は私も好きではありません。とういうも1つの人種の中に多様性があるからで一括りで分類してできる...
書評

【書評・感想】遅読家のための読書法

私の読書スタイルはインプットに偏っていることを痛感させられた本です。本書を読むまでの私は読んで終わりでアウトプットに全く力を入れてこなかったからです。 今まで読んだ本は593冊、ブログに投稿した書評記事は5冊です。アウトプット1%以下...
書評

【書評・感想】10倍速く書ける超スピード文章術 

文章を早く書きたいと思うのはブログを書く人なら一度は願うことです。ブログを書くのに3時間かかってしまう人がいたとしましょう。その時間を1時間に短縮できれば、2時間の自由時間が増えます。 1回あたり2時間の短縮に成功したことになります。...