立ち読みのコツ~立ち読みの限界~

読書
この記事は約4分で読めます。
エレ
エレ

立ち読みしても足が痛いし、読んだ内容がさっぱり思い出せない。立ち読みの効率的な仕方を教えてくれ。

立ち読みは本を1冊読み切る環境ではないので、精読するなら自分にとって集中できる自室やカフェ、図書館ですることをオススメします。

本屋での立ち読みでの限界とどうやってするのかを書いていきます。

立ち読みの限界

まず、なによりも時間が足りません。精読するなら1冊の本にかかる時間はどんなに早くても30分ぐらいかかります。30分本を持ちながら立っていると足が疲れるので、集中力がたと持てません。

読書をする時は基本的に私は座って読んでいます。長時間立って読むことを訓練した経験は私にはありません。立ってばかりいたら、疲れますからね。

同じ姿勢を維持して、しかも集中するのは大変。これはどこで立ち読みしても共通しています。

立ち読みってどこでもできるので、本屋、自宅、図書館ごとの場所で説明します。

Sponsered Link

本屋での立ち読み

本屋で立ち読みをすることを想像してみましょう。想像できないなら本屋にいってみてください。

そこではBGMが流されいたり、知らない人がいます。泣いている子供もいます。本屋の店員さんは本がしっかり陳列されているか確認するために、フロアを歩いています。

他人の目があるので、読書に集中できません。しかも本屋では読んでいて、「あ~、なるほど」と唸ってしまえば他人から変な目で見られてしまいます。

まあ、本屋で立ち読みすると、色々と勝手ができません。何といっても環境を自分で作りことができないのがもっとも大変です。

自分の部屋であれば、座って読んでも立って読んでも文句は言われません。自分以外いないのですから。BGMを流すかどうかも自分で判断できます。アニメソングがなんか聞くと私は気が散って、読書に集中できなくなります。

後ろを歩く人もいませんし、店員と客がトラブルを起こしているのも耳にすることもありません。

自室ならある程度自分で環境を管理、設定できます。しかし、本屋での環境を自分で変えるのは無理です。できるとしたらその店の店長や株主さんでしょうね。

 

 

図書館での立ち読み

図書館での立ち読みは本屋を比較したら楽です。本屋より人はいないし、BGMも流れていません。長時間の立ち読みは大変だけど、立ち読みそのものは簡単にできます。

ただし、人が多くいる時間帯は集中できません。あと稀に臭い人がいると立ち読みする気が失せます。

自宅で立ち読み

はっきり言って自宅での立ち読みは最も楽です。だって自室以外誰もいないのですから。

自分で勝手に立ち読みしても、何も視線がありません。椅子だってあるから好きなタイミングで座れるからです。

 

では立ち読みをしないのかと言えばそうではありません。私が本屋でどうやって本を見ているのか伝えます。

短時間でやるのが立ち読みのコツ

立ち読みする時の特徴は以下の通りです。

この本はこんな感じです

  • 短時間で済ませる

  • その本を家で読むかどうかを選別する。

  • 復習の読書をする

この3つが立ち読みの目的です。立ち読みは何時間もできるものではありませんから、短時間で済ませるのは共通です。

違いは生まれるのは場所によってです。本の内容を見極めるのは本屋と図書館です。復習の読書をするのは家です。

本屋、図書館における立ち読みの仕方

本屋、図書館ではひとつの本を長時間じっくり読むことは私にはできません。なので注目するのは表紙と目次だけを見ましょう。そしてその本をパラパラ見るだけ。

表紙やタイトルを見て、イラストやタイトルがかっこいいと思ったら、その本のタイトルをメモに書いておきましょう。ここで私は買いません。その本が図書館にあるかどうか確認します。

私の場合はあったら借りればいいし、なかったら最初は諦めています。買って読んだら、つまらない場合はテンションがとても下がるからです。

本屋でやってはいけないのはここでじっくり読むことです。読んでも頭にはさっぱり入りません。何故って立っていると疲れるし、本屋の店員がフロアを歩いているのが気になるからです。

私はこの記事を書くために本屋で30分間同じ本を立ち読みしましたが、書いたあった内容なんてさっぱり覚えられませんでした。残ったことと言えば足の疲労感だけです。メモも取れないし、しおりを挟むこともできないのでいつもと勝手が違いすぎました。

自宅で立ち読みの仕方

自宅で立ち読みをする時は、眠気防止と本の復習です。家で座って本を読むのが私のスタイルなので、そのうち眠くなります。

そんな時は立って体に刺激を与えれば眠気が飛びます。で立った時点で新しいペーイはめくらず読んだ本の復習をします。頭の中で「ここまでの話はなんだったかな~」と考えています。

この時間はおそらく5分ぐらいです。眠気防止で頭の中を整理できればそれでいいのです。

あくまで座って読むのが中心なので問題ありません。

Sponsered Link

結論:立ち読みで精読は俺には無理

本屋で精読するのは自室と違うので私には無理です。本屋での立ち読みはあくまでその本が自分にとって読みたいものを見極めるものと割り切っています。

無理して本屋で立ち読みしても足が疲れるので私はあまりオススメしません。以上です。