【書評】新解釈・関ヶ原合戦:従来の説崩壊!?秀秋は即裏切り

 
この記事を書いている人 - WRITER -
フタバコウジ
年間300冊読めたので、読書が中々定着しないで困っている人に本の読み方を教えたいと思いサイトを立ち上げました。ニートでゲーム、ネット依存症だったので、読書のやり方だけでなく健康や睡眠のことも書きます。

関ヶ原と言われて思い浮かぶことは結構あります。

西軍と東軍の激戦、小早川の裏切り、島津の退け口、島左近、大谷吉継の戦ぶり、家康の謀略。

大河ドラマを見た人なら、関ヶ原見て興奮した経験もあるでしょう。しかし、最近の関ヶ原研究が進んでいて、従来の関ヶ原の合戦描写は見直されています。

私も知りませんでしたが、関ヶ原開戦後、すぐに小早川が裏切ってしまったのです。おいおい、まじかよという展開です。

本書を読むと関ヶ原の合戦がどこまで研究されているかわかるので、読んだ感想と読む前に知って欲しいことを紹介します。

関ヶ原の研究について興味があるけど、なんか難しそうなんだよな~と感じている人は読んでくれると嬉しいです。

速攻で裏切った小早川秀秋

従来の関ヶ原では家康の調略が上手くいかずに小早川秀秋がなかなか裏切りません。松尾山でぐずぐずしています。しかも楽観視していた家康は西軍の善戦ぶりに爪を噛んでイライラタイムです。

戦の勝利を呼び込むために、小早川秀秋隊に鉄砲を撃ちかけ、秀秋は東軍に裏切り東軍の勝利。味方だか敵だかわからない部隊を撃ったら、敵対してしまう可能性だってあります。

それを鉄砲を撃ちかけて味方にしてしまう大英断。いや~天下人になる家康の決断は凄いという感じでドラマだと締めます。

めでたし、めでたし。で終わらないのが今回の話。

ただ最近では秀秋の裏切った時期が判明したきたようです。本書の主張によると戦は午前中に終わってしまいました。司馬遼太郎の関ヶ原は夕方で幕を下ろしたこととは対象的です。

しかも開戦と同時、もしくはすぐに小早川秀秋が裏切ってしまいます。西軍の善戦なんてありませんでした。戦はすぐ終わりました。大谷さんの善戦、左近の猛将ぶりはどこにいってしまったのでしょうかね?

ドラマ性もまったくありません。今までなら家康の調略、西軍の善戦、小早川秀秋の迷い、そして劇的な家康の決断、他にもネタはあるでしょうが、全部なかったとなってしまいます。

いきなり小早川秀秋が裏切って、家康軍の楽勝。(はい、終わり)

どんなに頑張っても15分が限界でしょう。どうすんだよ、これ。天下分け目の大戦なのにあっけなく閉幕です。

大河ドラマなどのテレビ番組がこの説を採用したら絶対売れないでしょうね。西軍贔屓の人が見たら、画面の前で固まってしまうに違いありません。

しかもこの説は一次資料から丁寧に検証しています。参考にしている資料はなるべく1600年から近いものから選択しているので、説得力は大いにあります。

じゃあ何故このあっけない戦が大袈裟に語られられてしまったのでしょうか?次の見出しで説明します。

どうせなら盛り付けしまくれ

本書の主張する関ヶ原は小早川秀秋が速攻で裏切って、家康軍の大楽勝。(完)

余りにもあっけないです。小説でこんなこと書いても売れませんし、同様に歌舞伎で演じようにも時間が余ってしまいます。しかも家康が天下の覇権を決めた戦なのに、盛り上げるに欠けると幕府御用達の歴史家も困ります。

ここからは私の想像ですが、どうせなら、ちょっと盛り上げてしまえとなってしまったのではないでしょうか?

歴史の真実なんかよりも面白さを重視したしまったような気がします。日本の歴史上で10万対10万の大軍が1か所に集まって合戦なんてそうそうありません。

家康が勝ったことで持ち上げる分には徳川幕府だって悪い気はしません。なんといっても神君家康公ですからね。どんどん話を盛りまくってしまえと放置した結果、民衆の中で従来の関ヶ原の戦が根付いてしまったのかと私は思ってしまいます。

歴史の話ではありませんが、西鉄対巨人の日本シリーズで小渕のツーベースをきっかけに奇跡の大逆転優勝をします。この時の打球を豊田さんはあまり大したことない打球だった(詳細は覚えてませんが)と述べています。

しかしその大したこと打球が鋭い打球になり、その次には弾丸ライナーになり、どんどん打球の凄さがエスカレートしちゃいます。

人間、話をどんどん大きくしちゃいます。しかも悪気はありません。伝説的な話ならあっけないものであったとしても、どんどん素晴らしいドラマ性をブチ込んでしまうのは仕方ないでしょう。

もしかしたら、お酒の席でちょっと場を盛り上げるために関ヶ原の話を大袈裟にしちゃったかもしれません。まあ、こんなこと言ったら、何が正しいのかどうかなんて判断できませんよね。

おまけに話を盛り上げるために詳細な日時設定をします。架空戦記とかにありがちですが、実際に見たことも無いのに関ヶ原から100年以上も過ぎた作者が読者にそれっぽく見せるために日時を9月21日朝6時みたいに描写します。

実際に見たことも無い欠点を補うための作者の方法だったと私は思います。心理描写だって本人に会ってみないことにはわかりません。しかし、歴史小説だとキャラ付けしないと話が進まないから仕方ないでしょ!

次は本書を読んだ私の感想です。

一体俺の感動はなんだったんですか!!!

私が関ヶ原を人生で初めて知ったのは漫画日本の歴史での関ヶ原のシーンです。家康が優柔不断な秀秋隊に発砲したコマをなんとなく覚えています。

次に覚えているのは大河ドラマ「葵三代」の関ヶ原シーンです。家康を演じるのは津川さんで、狸おやじぶりが強調されています。

これ見たのは中学生でした。凄い霧の中での戦いで馬がひしめき、イライラする家康を今でも覚えています。(記憶違いの可能性あり)

その後、関ヶ原では従来の関ヶ原が当然だと私は思っていました。この本を読むまでは。

読んで衝撃だったこととは私が見ていたどの歴史番組でも従来の関ヶ原が通用していました。人生生きていて30年。

当たり前だと思っていた常識が崩壊しました。一体自分の受けていた授業や今までの学習は何だったのかと途方に暮れてしまいました。読んだ日は信長の野望で関ヶ原をプレイして、ゲームと本書の歴史に大きな違いがあることに戸惑ったことを覚えています。

戸惑っていた気付いたことがありました。というならいいのですが、実はこの関ヶ原の実像と虚像に対する私の答えはまだでていません。

私は歴史研究家ではないので、どこまで私の信じていた歴史観が変わるのかそれを楽しみにすることでそのうち答えが出るのかなと思ってます。

結論:速攻裏切りで関ヶ原の大前提崩壊に衝撃を受けた私

歴史って時に信じられないことが起こります。私の中の常識が崩壊するなんて今でもびっくりです。

ただこれを今の皆さんが鵜呑みにする必要はありません。読んでいなかった私が勝手に驚いているだけですから。

本書の関ヶ原と従来語られてきた関ヶ原。

ドラマとしては本書の関ヶ原を採用したら売上が落ちる可能性があります。だから、テレビドラマでは従来の関ヶ原を続ける可能性が高いと私は判断してます。

実像の関ヶ原とみんなの信じたい関ヶ原。どっちもあることを受け入れるたら心が楽になるでしょう。

結論:3つのポイント

  • 小早川秀秋が速攻で裏切った
  • 関ヶ原の大前提崩壊で戦はあっけなく閉幕。それじゃあ盛り上げるに欠けるから話を盛ってしまえ
  • 俺の常識が崩壊した
この記事を書いている人 - WRITER -
フタバコウジ
年間300冊読めたので、読書が中々定着しないで困っている人に本の読み方を教えたいと思いサイトを立ち上げました。ニートでゲーム、ネット依存症だったので、読書のやり方だけでなく健康や睡眠のことも書きます。

Sponsered Link




Sponsered Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 三度の飯より読書 , 2018 All Rights Reserved.