ブログのジャンルが決めらない。分野選定が複数だと収益化に失敗する

ブログのジャンル選定に関するアイキャッチ画像ブログ運営
この記事は約7分で読めます。
エレ
エレ

ブログで書く分野を決めらない・・・。
色んな分野を書いた方がいいのかな?

儲けらない分野では書きたくない。

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ブログで書く分野はいっぱいあるけど、儲けられる分野を紹介しました。
  • ブログの選定を複数にすると、失敗ケースについて解説します。
  • ブログのジャンルを1つに絞った時のメリットについて解説します。
フタバコウジ
フタバコウジ

私はブログ運営3年間で適当にジャンル選定しました。その結果、運営に失敗して収益化に失敗しました。
具体的には月間の収益が100円以下の失敗です。この失敗は誰にもして欲しいものですね。

ブログのジャンル一覧

ブログで書く分野はいっぱいあります。何でもありです。

  • 物販
  • 投資
  • 旅行
  • 日記
  • 転職
  • 恋愛(結婚、婚活、マッチングアプリ)
  • エンタメ(アニメ、スポーツ、芸能)
    (その他いっぱいある)
エレ
エレ

いっぱいあるな。選べと言われても、多すぎてどうすればいいのかわからないぞ。

確かにいっぱいあります。書いた分野以外にもあるので、分野は無限です。何を書いてもその人の自由です。

ただし、なんでもいいから書くのは駄目です。ブログを何故するかといえば、儲けるためです。書くだけなら簡単だけど、儲けるのはとても難しいです。

ブログで書くことと儲けることは別です。ブログ初心者には絶対に知って欲しいことです。
【混ぜるな危険!】好きなことを書くだけではブログで失敗します

なので、自分にとって稼げる分野を選ぶ必要があります。

ブログでジャンルの決め方:迷ったらこの2つの基準を考えよう

コーヒーを入れている最中

自分の好きな分野がいい:研究できるから

自分の好きなジャンルでブログを構成した方がいいです。何故なら好きな分野ならいくらでも勉強できるからです。

縄跳びが好きな人は毎日飛べます。読書が好きな人は1日に何冊も読めます。好きなことなら継続して、その分野のことに向き合えます。

逆に嫌いなことなら、1日で辞めてしまいます。車の運転が嫌いな人だと、必要な時にしか運転しません。休日にドライブなんてしないわけです。

嫌いなことは継続できません。なので好きな分野を選んで、その分野について勉強しまくりましょう。

エレ
エレ

嫌いなことも好きなこともない。基本的に無関心な人はどうすればいいのだ?

好きなことも嫌いなこともないという人はいます。いきなり「好きな分野でブログを書け」と言われても、急には答えられないのが正直なところです。

なら、考えを変えてみましょう。体験した分野について書いてみましょう。

  • 転職をしてみた
  • ダイエットをしていた
  • 子育てをしている

自分の体験したことなら、その分野について書けます。転職経験者なら転職した人の悩みや不安がわかります。してない人にはさっぱり書けないけど、した人なら不安がわかります。

転職あるあるみたいな悩みを書けて、読者に共感されるネタがあるわけです。なにか体験したことがあるなら、体験した分野に関する本を読んでみましょう。

競合の強い分野で書く:収益が高いから

ブログを何故しているのかと聞かれるなら、その答えは儲けるためです。儲けるためには競合の強い分野で書くのをオススメします。

何故なら、人やモノや金がある場所にこそ情報が集まるからです。競合が強い分野とはそれだけ多くの企業や人が参加しています。企業や人がその情報を発信するのは儲けが莫大だからです。

儲けられる分野としてITや金融分野が有名です。何故優秀な人がそこに就職するのが多いのかといえば、金になるからです。

ブログで儲けるのは大変です。記事は書かないといけないし、最初はさっぱり成果が出ません。100記事書いたら儲けれるという明確な基準もありません。

どうせ大変な思いをするなら、金になる分野で勝負すべきです。

エレ
エレ

儲けられる分野ってなんだよ?好きな分野ならいいのか?

好きな分野も大事です。ただ困ったことに就活のように、時給や年収がわかるデータがブログにはありません。

ないけど、一応知る方法があります。それはASPに登録して、儲けられるジャンルを知ることです。ASPなんじゃそれは?と思ったでしょう。

とりあえず、登録すれば儲けられる分野について知ることが出来ます。

儲けられる分野を知る方法
  1. ASPに登録する(A8.netもしもアフィリエイト
  2. 儲けられる分野について検索する
  3. 成功単価が2000~5000円、もしくはそれ以上の案件を知る

答え:③YMMLはやめておけ

YMMLとは命や金に関する分野です。健康や投資などの話題が該当します。YMMLは信用性がないと、上位サイトに入ることは難しいです。

何故なら、社会的信用性がもっとも大事なジャンルだからです。ガンや心臓病に関する情報で間違った情報を発信されると、社会に混乱が生じるものです。

DNAが健康まとめサイトを運営していました。しかし、その情報が医学に通じていないライターが発信していたので、社会問題になってしまいました。

睡眠メーターなどのアプリも同時に削除。結果、健康に関する分野は医者や病院や国などの社会的信用が高いサイトが上位表示されています。

「睡眠 負債」と検索してみましょう。検索結果は企業と専門家の研究結果のPDFでした。ここから判断できることは「睡眠負債」という分野は企業や専門家でないと上位表示できないというデータです。

なので、個人サイトで勝負しても失敗する可能性は高いです。

エレ
エレ

鬱になった経験があるから、鬱から復帰した情報を発信したい。

鬱になった経験があるなら、そこから復活した体験は代えがたいものです。しかし、グーグルは健康にかかわる意見に関しては情報発信者の社会的信用を重視します。

おそらく鬱に関する話題は相当難しいです。鬱に関して知識があろうとも、結局は医者の社会的信用に勝る権威はありません。

なので、鬱に関する話題は避けた方がいいです。

複数ブログよりもブログの分野は絞った方が良い

コーヒーを飲む男性

ブログのジャンルは絞った方がいい

ブログのジャンルは複数よりも、絞った方が良いです。何故なら、分野を1つに絞った方が勉強しやすいからです。

ブログに関する勉強は本とインターネットの動画です。最低でも本は10冊くらい読んで、動画は毎日見ています。

これが1つの分野なら本:10冊 動画:1日2本だとします。ブログで扱うジャンルを3つにしたとします。

本:30冊 動画:1日6本になります。おそらく勉強するだけで力尽きてしまいます。しかも勉強するのは最低限です。

この後にブログで稼ぐ必要があります。3つの分野を並行して書くなら、1つの分野よりも3倍時間が必要です。

無職の人で週7日間ずっと時間が空いている人でも難しいはずです。まずは1つの分野で絞って勝負しないと、結局どの分野でも失敗します。

エレ
エレ

ブログのジャンルを3つにして、成功した分野を伸ばせばいい気がする。

好きな分野なら3つぐらいなら、書けると最初は思います。しかし、無理です。並行して3つのジャンルを書いても効果なしです。書くなら1つの分野で頑張るべきです。

ブログではそのサイトの専門性がグーグルに評価されます。例えば、ブログ運営に関する記事なら記事の書き方、収益の上げ方、ブログの始め方などに関する記事です。

ブログ運営に関する記事でプロ野球選手についての記事をちょっと書いても評価されません。私もブログのカテゴリーが10個以上あったことがあります。

色んなジャンルの記事を数打てば当たるで書いてみました。結果は3年間やって、月間PV3000です。収益は100円以下です。

成果が出ないので、1つの分野で頑張らずにどんどん分野をなんとかなるだろうと勘違いしていました。

じっくり時間をかけてブログを育てた方がいいです。そのためにはブログの分野を1つにしましょう。そうすれば勉強する時間も記事にかける時間も増えます。

もしも1つの分野で成功したら、また1つ分野を増やせばいいわけです。

ブログのジャンルを決めらないなら、1つに絞った方がいいぞ

ブログで稼ぎたいなら、ブログのジャンルは1つに絞った方が良いです。理由は3つあります。

  • 好きな分野で書く
  • 競合の強い分野で書く
  • 1つに絞ると勉強しやすい

選んだではいけない分野としてYMMLに関するジャンルです。この見分け方は上位サイトが企業や国が多いなら諦めましょう。

1つに絞らないと、成果が出ないことに焦ってジャンルを増やしまくって結局ブログ運営に失敗します。

この記事で1番言いたかったこと

  • ブログをジャンルを決めるなら、1つに絞った方が成功しやすい