ブログをまねてリライトするコツ。ただしコピペはやっていはいけない。

ブログ運営
この記事は約4分で読めます。
エレ
エレ

他人のサイトをそのままパクりたいな。けどどこまで真似ていいのかよくわからん。

フタバコウジ
フタバコウジ

学校の試験でパクりは駄目だと言われていたからな。どうも気が進まない。

良い記事を効率よく書こうと思って、記事をコピペするのはまずいです。読まれる文章を書くにはコピペではなく、良い記事を真似ることが成功への1歩です。

このような悩みを持つ人のために書きました。

  • 有名なブログをリライトしたい人

この記事で伝えたいこと

  • 他人のブログは真似ていい
  • コピペはNG。
  • 自分の記事だと思って書き直してみる
フタバコウジ
フタバコウジ

最初から丸写しをしてはいけないことはわかっていた。
ただサイトそのものをどこまで参考にしていいのかよくわからなかったのも事実。

答えは単純であったことを共有したいです。

この記事を読んでもらえれば、ブログの記事を参考にリライトできるようになります。自分の考えだけでなんとかしようとしてブログは書けないという人は参考にしてください。

他人のブログは真似ていいです。

ブログ、コピペと検索すると数々のコピペ対策とコピペされた怒りの記事があります。

コピペされて怒っている人の記事を見ると、他人の記事を参考にするのはいけないのかなと感じてしまいます。人のアイデアやデザインを盗んでしまうという罪悪感も生じます。

人気のあるブログ=その人の汗と努力と知識の結晶です。せっかく築いたものを他人から頂くのは悪いと感じてしまうと他人のブログを真似するのを躊躇ってしまいます。

しかし、他人のブログは参考にしていいのです。どこまでしていいのかと言えばレイアウトやデザインの構成、見出しはテンプレートとしてその人が配布しています。

文章の書き方やアイデアの書き方まで書かれています。そのテンプレ通りにやるのは問題ありません。

NGな行動がコピペです。コピペとは要は丸パクリ。同じ文章を同じ言葉で移してしまうことです。これをしてしまうとコピペされた相手が激怒してしまいます。

エレ
エレ

相手のサイトを丸写ししないで、見出しや考え方を真似てしまえばいいわけだな。

 

フタバコウジ
フタバコウジ

コピペは厳禁。まずは有名な人のテンプレ通りにやってみるのがオススメだな。

他人の記事をリライトしよう

他人の記事を参考にするだけでなく、その記事に自分の考えを入れてみましょう。

例えば「ブログの書き方」と検索して良い記事を参考にしたとします。参考にするのもいいです。

だけど、俺だったらこんな風に書くなと思って読み直してください。

  • ここの切り口がわかりくにいな。
  • もっとここを改善すれば人が集める。

読み直して改善したものを自分の記事として発表してしまえばいいのです。もちろんコピペは駄目ですよ。

で、ここでやってはいけないことです。ブログの参考になった記事は見ないで書いた方がいいです。見ながら書いてしまうと記事を書くのに1時間以上かかってしまいます。

私は最初の頃、ワードプレスの編集記事で全文コピペしてから自分の言葉に言い換えながら書き直していました。他人のサイトを真似てしまえばいい記事ができるだろうと。

ただ、この作業はとても時間がかかります。元ネタの文章を全文リライトするのは凄く大変です。良い記事の文章は3000字以上あります。

文章、見出しごとに書いてあると、書き換えることに夢中になって結局何を言いたいのかよくわからない記事になります。

しかも止めようにもコピペ記事を投稿してしまえば、アウトです。

じゃあどうすればいいのだと言えば、書いてある記事の問いと答えを見つけることと見出しごとの内容を要約することです。

ブログの基本は誰かの悩みを解決することです。記事によって問題提起していることをしってその答えが明記されています。

  • 悩み:ブログ毎日更新したいけどできない
  • 答え:毎日更新していている方法を教えます。
  • 見出し:方法1
  • 見出し:方法2
  • 見出し:方法3

 

などという構成が結構多いです。これを自分なりにアレンジしてしましょう。ノートや紙に見出しごとの要約と悩みと答えを書いてしまえばいいのです。

あとは自分なりの切り口と考えた方を追加すればOK。

まとめ:ブログは参考にしていい

他人のブログはどんどん真似ていいわけです。真似ていいから、サイトや記事のテンプレを配布しています。

ただコピペはNG。丸写しはいかんのです。