ブログ100記事書いたけど、PVが伸びない。その対策について

ブログ運営
この記事は約5分で読めます。
エレ
エレ

ブログを100記事書いたのに全然PVが上昇しない。100記事書けば成功するじゃなかったのか?おい!

フタバコウジ
フタバコウジ

せっかく苦労して100記事書いたのに、ひどい。訴えてやる!!

ブログ100記事達成おめでとうございます。凄い苦労だったはずです。ここまで本当にご苦労様でした。100記事書いた記念として100万円があんたの銀行に振り込まれます。

嘘です、ドッキリです。

100記事書いても稼ぎは保証されていません。

エレ
エレ

ちくしょうめ~!

せっかく100記事投稿したのに思ったような成果が上がらず、ここでブログを諦めてしまう人がいます。

もったいないです。ブログを成功させるには100記事投稿しただけでは駄目ということがわかっただけでも大収穫。

このような悩みを持つ人のために書きました。

  • 100記事書いたのに全然だめだ。どうすればいいのか迷っている人

この記事で伝えたいこと

  • 100記事公開しても駄目でした
  • 質を高めるためにリライトしよう
  • キーワードを入れよう
フタバコウジ
フタバコウジ

とりあえず100記事書いても成果は上がりません。残念ですけど、うん。
100記事書いて時はうれしかったけど、そのぶん駄目だった時の悲しさはそれ以上でした。

100記事書いて50PVだったので、100記事達成後もブログで改善できる箇所を伝えたいです。

この記事を読んでもらえれば、100記事投稿しても、その後ブログを継続できるようになります。100記事書いて駄目でどうすればいいのか途方に暮れている人は参考にしてください。

100記事公開後のPVと収益

100記事公開しても、PV上昇しません。残念無念です。ちなみに私のデータです。

100記事投稿時のデータ

  • 1か月最高のPV:2010PV
  • 1か月最高の収益:200円くらい
フタバ
フタバ

100記事投稿しても、缶コーヒー2個分だ。ふざけんな!!!

ブログをする時、必ず言われる「とりあえず100記事書きなさい」。こう言われたら、100記事書けばPVが上昇すると思うでしょ。達成した時は「俺1流のブロガーになったじゃん」と心の中で自慢しちゃいましたよ。

記事を100記事書けば、月収もPVも1万上がると思って頑張りました。けど現実はそんなに甘くなかったです。

100記事書いても1日のPVは100に届きません。泣きそうでした。はっきり言って「もうブログを止めたい」と項垂れました。

でも今なら言えます。100記事書いただけでもブログで思ったような成果は出ません。その理由について書かせてもらいます。

Sponsered Link

量ではなく質。100記事書いても内容が駄目だと読んでくれない。

いくらブログの記事の量があってもダメです。

1000記事あろうとも10000記事あろうとも書いてある内容が駄目だとグーグルに評価されません。もしかしたら50PVぐらいなら行くかもしれないけど、1日に1万PVは無理。

逆に書いてある内容が良いとブログは成功します。じゃあ成功するにはどうすればいいの?それは以下の2点を抑えて書きましょう。

  • 読者の悩みを解決する
  • 1記事で完結する

 

読者の悩みを解決する

ブログでPVを集めるにはお悩み解決です。もうこれ、ネット上のブログ論ではこれが絶対必要な要素。

この記事だと

悩み:100記事書いてもさっぱりPVが駄目だ。何故だ?

答え:100記事書いてもPVが上昇しない理由について教える。

のように設定すればいいわけです。

▼読者の悩みを解決するのはこちらのブログを参考にどうぞ

>>>ブログは普通の人が悩んでいることを解決しよう

https://reading-sato.com/solution-blog-everyday/ ‎

1記事で完結する。余計な「悩み」と「答え」は追加しない

ブログは1つの記事につき1つの「悩み」と「答え」のセットでいいわけです。

  • 悩み:100記事書いてもさっぱりPVが駄目だ。何故だ?
  • 答え:100記事書いてもPVが上昇しない理由について教える。

これ以上の「悩み」と「答え」を加える必要はありません。

あくまでその記事で作った「悩み」「答え」に関するコンテンツだけで1つの記事をつくりましょう。あれもこれもと自分の書きたい知識を突っ込みたくなるのは人情です。

ブログは無限に書けるから、大丈夫だと判断しがちです。せっかく勉強して良い思いを共有したいと思ってしまいます。

違う悩みと答えを足したいなら、新しい記事を書いちゃいましょう。当然書いている時に同じ分野の記事を書くわけです。

ならば、新しく書いた記事と今の記事を内部リンクで結び付けてしまえばいいのです。1つの記事では1つの「悩み」と「答え」だけに完結しましょう。

もし、完結できないなら新しい記事を追加して、1つの記事に色んな「悩み」と「答え」を詰め込みすぎないようにすべきです。

リライトできていない

1人の人間が1つの記事を1回だけで完璧に書いて、その時点でもう書き直していけません。というブログのルールがあったとします。

そんなルールの下ならあらゆるブログはもう間違い乱発、誤字脱字で文章だけのひどい記事ばかりです。現実は違います。

ブログは何回でもいつでもできる長所があります。いつでもちょっとでもいいからリライトをしましょう。

私なんて2年間もブログのリライトをしないで記事を放置してました。結果全くPVは上昇しませんでした。

ブログやって3年目にやっとこそ1か月3000PVです。どんだけ遅いんだよと皆に突っ込まれてしまいます。

キーワードを見出しや記事タイトルに入れる

ブログを検索する人のデータはグーグルが集計しています。どんなキーワードが人気なのかわかります。

このデータを根拠にブログの見出しとタイトルにキーワードを入れてしまえばいいのです。

決め方はキーワードを2つ入れてみましょう。この見出しなら「キーワード 見出し 記事タイトル」です。とりあえず2つでいいから混ぜておくべきです。

まとめ:100記事書いてもまだまだ改善できる

ブログを100記事書いたらそこで終了。ブログで人生を変えるほどの収入は増えません。

まだまだ続きます。100記事書いたという事実は残ります。そこからデータが発生します。

100記事書いたけど上手くいかない

ここまで進んだわけです。ここから改善しまくっていきましょう。