コンビニバイトの応募は電話すべきでない。だって電話出るのだるいから

仕事
この記事は約3分で読めます。
エレ
エレ

よっしゃ。働きたいコンビニを見つけたぜ。早速電話して応募じゃ!

フタバコウジ
フタバコウジ

いや待て!電話での応募はやめておけ。はっきり言っておく。電話を出たくない人が多いからやめておけ。実は俺も電話出るの嫌だから。

コンビニで働きたいと思ったら、速攻で店に電話すればいいじゃんと思うでしょ。何事も早い方がいいけど、ちょっと待て欲しいというのが私の意見です。

Sponsered Link

忙しい時間帯はお店の人にもわからない

ネットでは忙しくない時間帯である午後2時や午前の10時に電話で応募することをオススメする記事があります。

確かに朝や昼の忙しくない時間かもしれません。しかし、日によっては忙しい時があります。コンビニの仕事って急に機械やレジやトイレにトラブルが発生します。

急に家族連れのお客さんが来店します。そうすればレジは大混雑です。この時間に余裕があるとはあくまで傾向です。

店で働いているバイトですらわからないことがバイトの応募者にわかるわけありません。

忙しい時に電話応対すれば、対応が雑になります。もしかしたら、電話に出たバイトの人はクレーム対応でイライラしている状態かもしれません。そんな時に電話したら、嫌な思いをするわけです。

コンビニバイトの申し込み⇒アルバイトの求人検索ならマッハバイト

外国人が電話応対したら、正しく伝わらない

私のお店では中国人がバイトをしています。留学生で日本語の応対はできるけど、電話応対は難しいレベルの日本語です。

この人が日本人と組んで働いていれば、日本人が電話に出ます。しかし、外国人2人で働く時は電話応対がやばいことになります。

人と対話で会話すれば、表情から内容を読み取れます。しかし、声だけの電話では外国人には厳しいです。

電話が上手く聞き取れないで基本情報を間違いまくります。

  • 名前の漢字が違う
  • 面接の日時を間違う
  • シフトの希望が違う
  • 年齢が聞き取れない

嘘だろ、ふざけるなと言いたいでしょうが本当です。中国人の彼なりに真面目にやった結果です。だからいつも店長が折り返しの電話をしています。

じゃあ外国人がいない時間帯に電話しようにも、店のシフトを知ることは応募者にはできません。

結局外国人と電話して、ちゃんと情報が伝わっているのかと不安を感じるわけです。

フタバコウジ
フタバコウジ

ちなみに俺は年齢が5歳も違うことがあったぞ。

エレ
エレ

おお、5歳も違う電話対応で放置される店もあるのね。

そもそも電話応対したくない

コンビニで電話応対はクレームがつきものです。ぶっちゃけ俺の店の人はクレームが嫌だし、電話に出たくないのです。

店長に何故電話に出ないのだと言われても、忙しかったと言えば済ませてしまう人もいます。出るのがだりぃし、友達と組んでいる人は電話なんか出るより、友達とベラベラ話しています。

電話に出るのだるいから、アルバイト応募の電話だってだるいわけです。

「あ~、オーナーや店長がいる時に電話しろよ」と内心ちょっと思いながら応対します。態度には出さないように努力しますけどね。

まとめ:電話応対はいい加減だと割り切ってくれ

コンビニで電話する時、相手の状況なんてわかりません。もしかしたら、やる気のない人、日本語が上手ではない人、たまたま機嫌が悪い人、店が忙しい、クレームで嫌な思いをした・・・。

はっきり言ってムラがあるわけです。じゃあどうすればいいかと言えば、webで申し込めばいいわけです。

電話は駄目な時があるからネットから応募⇒アルバイトの求人検索ならマッハバイト