年間300冊読んでも年収がアップしない理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
フタバコウジ
年間300冊読めたので、読書が中々定着しないで困っている人に本の読み方を教えたいと思いサイトを立ち上げました。ニートでゲーム、ネット依存症だったので、読書のやり方だけでなく健康や睡眠のことも書きます。

読書を300冊読もうとも、金持ちにはなれない場合があります。データでは読書をすればするほど収入がアップします。しかし、年間300冊読んでも金がまったく稼げないケースがあります。

何故なら私が全く稼げていないからです。20117年に本を300冊読みましたが、その読書では全くその年に収益など発生していません。まあ、お金目当てで読んでいたわけではないのでいいのですが。

では、データにある読書量と収入の関係に私は該当しなかったのか?私なりに原因を書いてみます。

読んだだけだから

ある孤島にもの凄腕の医者がいたとします。医者は手術だけでなく、予防方法を教えることも仕事です。ただし、その島には情報を外部に伝える手段がありません。結局その人は亡くなって、その技術と知恵は誰にも受け継がれませんでした。

このケースはいくら能力があろうとも誰かに伝える技術がないと役に立たないということです。私もニートになってから、読書を始めて、本を読めるようになりました。ただ誰かに伝えないと価値は発生しません。

現代ならネットで情報発信を個人でできる時代です。ブログやSNSで情報を伝えることは100年前と比較すれば簡単になりました。

いくら読んで知識を蓄えてもお金にはなりません。年間300冊読んで何故お金が儲けられることができなかった理由は読書そのものではお金が儲けられないからです。

読書で学んだことは使用しないと意味ない

では、何故世界で有名なビルゲイツの読書量が収入と関係あると言われるのでしょうか?それはビルゲイツが会社経営をして多くの人と接するからです。人を動かす時にどんなことをしようかと悩むはずです。会社の将来のことも考えるでしょう。

その時に本の知識が役立つのです。人がどうやって気持ち良く能力を発揮できるのかを書いた本を参考にして、その読んだ知識を部下に実践するはずです。読んだ知識を活かす機会が大量にあるはずでしょう。

マイクロソフトで従業員が不満だらけだと会社の信用が落ちる可能性だってあります。ストでも落とされたら大変です。起こりうる問題を対処するために読書しているのかもしれません。そして読書で身に付けた知識を仕事で活かせます。

私の場合はどうでしょうか?当時の私は無職です。ビルゲイツと比べる必要も無いほど暇な毎日でした。会うのは家族だけです。ニートの私が持つ部下なんて無論いません。

そんな私がリーダシップ論を読んだとしましょう。その理論を活かせる相手がいないから読んだ知識が役に立ちません。もっと極端なことを言えば医者でもない男性の私が生理痛の治し方を読んでもあまり意味はないのです。

いくら知識があろうとも誰かに伝える、そして読んだ得た方法を試せる環境を自分で作りましょうという話です。

今の私は読んだ本、読書法、その考え方をブログで伝えています。読んでもらうことでお金も多少ながら発生してます。300冊いや500冊読もうとも誰かにそのことを伝えない限り、誰もわかってくれません。

情報の発信者がいないと当然その情報の受信者もいません。受け手がいないのだから役に立つかどうかの判断なんてないのでお金も儲かりません。

私が年間300冊読んでも年収がアップしなかったのは読書しただけであとは何もなにもしなかったからです。具体的には情報発信をしなかったからです。

結論:知識は伝えて使うほどいい

読むことだけでも1円も儲かりません。ただし、その読んだことを伝えればお金は発生するかもしれません。それに仕事で該当する本を読めば、能力がアップして会社からの評価が上がって給料もアップするでしょう。

この記事のまとめ

  • 本を読むだけでは年収は向上しない
  • 読んだ知識を情報発信する、仕事で活かすと年収がアップする可能性がある

本を読むだけでお金がもらえるなら俺にとっては楽な世の中ですよね。以上です。

この記事を書いている人 - WRITER -
フタバコウジ
年間300冊読めたので、読書が中々定着しないで困っている人に本の読み方を教えたいと思いサイトを立ち上げました。ニートでゲーム、ネット依存症だったので、読書のやり方だけでなく健康や睡眠のことも書きます。

Sponsered Link




Sponsered Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 三度の飯より読書 , 2018 All Rights Reserved.