1日1分でもいいから読書する

 
この記事を書いている人 - WRITER -
フタバコウジ
年間300冊読めたので、読書が中々定着しないで困っている人に本の読み方を教えたいと思いサイトを立ち上げました。ニートでゲーム、ネット依存症だったので、読書のやり方だけでなく健康や睡眠のことも書きます。

本を読んでみようと思って、読めるようになれるなら私のサイトに来てないはずです。本が読めないで困っている人は読書習慣がなかなか築けません。

1日に1時間の読書時間を設定しても、できないことってけっこうあります。1時間休みもなしで読書するのはやってみると意外と疲れます。

最初は1時間ではなく私は20分の読書時間で始めました。ただし中には20分でも長いという人もいるかもしれません。

ましてや読書が超苦手な人は字を見るだけで嫌な人もいます。そんな超苦手な人のために1分でもいいから読書をすることをオススメします。

たったの1分なら誰にでもある時間

私は読書ができるようになる前、本を読むと目が痛くなる、意識がクラクラすると言って本を読まない言い訳をしていました。友達では本を読むと吐き気がすると言っている人もいます。

私の経験上、本を読んでいて吐き気がしたことはありません。そして意識が朦朧としたこともありません。目が痛くなるのは何時間も目を休めていないとなるだけです。

1分読むだけなら、眠くなることも目が痛くなることも、ましてや吐き気がすることもありません。精神的にいくら苦手意識があろうとも1分読むだけなら絶対に出来ます。

集中力も維持できます。たったの1分間の読書です。1分も集中力が続かないとおそらく会社の仕事でも辛い思いをするでしょうね。それに1分だけなので、読書したから休憩を欲しがる時間もありません。

読んでいたら、あっという間に過ぎてしまうのが1分です。休むことや集中力を気にする心配なんて全くないのです。

時間がないという問題も解決できます。どんなに忙しくても1分間なら自由な時間があるはずです。これが3時間、4時間まとめた時間がないと不満をこぼすなら、理解できないこともないでしょう。

たかが1分です。会社に行く前、車から降りる前に1分間読書ぐらいできる時間はあるでしょう。お風呂に入る前に、TVを見る時間だってあるはずです。寝る前に1分ぐらい使ってもいいじゃないですか?

1分間も読書に費やすことができないなら、もうよっぽど読書が苦手なわけです。もうどう考えても苦手です。1分間読書ができないなら、ここできっぱり諦めた方がいいかもしれません。

世の中には絶対に苦手なことってあります。私の友達は高所恐怖症なので、観覧車も乗れません。乗れる人からすれば「別にジェットコースーターのように揺れるわけでもないのに、何故怖いのだろう」と思うでしょう。

実際その人は観覧車を乗った経験があるのですが、顔面が真っ青になってしまったから無理だと判断してます。

あなたが挑戦して、実際にやってみて駄目と判断したなら、私はその判断を受け入れましょう。

Sponsered Link

ここからは1分間読書をした人が次にすることを書きます。

1分読書からレベルアップ

1分間読書をしたとします。絶対に読んだ内容を読み直しましょう。読み直す時は1分読書も再びします。

お風呂を入る前に読んだなら、出て読み直してください。学校や会社に行く前に読んだなら帰宅して読み直しましょう。人間すぐに忘れてしまうので、絶対に復習すべきです。

読む量は1日1ページを目指して方がいいです。1日1ページ読めるようになったという自信がつくと、365ページ以内の本は1年間で1冊読めるようになります。(この場合は図書館ではなく本を買った場合です)

1分間で物足りなくなったらどんどん時間を増やしてください。増やし方は2、3、4、5、6分と段々増やしてもいいですし、いきなり10分に増やしてもいいです。

増やすきっかけは1分読んで、次の内容が気になった場合です。好奇心があるのならどんどん読めます。小学校の時、初めて入った校舎を探検するだけでも面白かったことは記憶にあるはずです。

何があるかわからない、次だ次だ!と思うなら、探検と同じ気分で前にいっちゃいましょう。リアル探検と違うので、怪我する必要もありませんからね。

増やしてできなかったらまた時間を減らしても全然問題ありません。会社の飲み会があった、繁忙期で身も心もヘロヘロという場合があるからです。

ただし、1分間はできるだけしましょう。10分で読んだ内容を復習するのに1分ではできないと思いますが、とりあえず目を通すだけでも違います。どんな内容を読んでいたのか気にして読んでいると勝手に1分が過ぎることも経験上毎日のようにあります。

結論:1分読書で読書を始める

誰にだって1分間の自由時間はあります。よっぽど忙しい人でも自由時間はあるのではないでしょうか?いきなり最初から1時間やろうとするのは無理です。

そして私は20分から始めましたが、これでも出来ない人がいるだろうと思ったので、1分間読書を考えてみました。少ない時間でできないなら多い時間で読書するのは無理です。

1分間の読書が定着した結果10分ぐらい読書するようになったら、次の記事を読んでください。

今回のまとめ

  • 1分間読書をする暇がないなら読書は諦めた方がいいです。できないことに時間を費やしてもどうしようもありません。
  • 1分間読書ができるなら時間を増やし、読むページも同時に増やしていきましょう。

以上です。

この記事を書いている人 - WRITER -
フタバコウジ
年間300冊読めたので、読書が中々定着しないで困っている人に本の読み方を教えたいと思いサイトを立ち上げました。ニートでゲーム、ネット依存症だったので、読書のやり方だけでなく健康や睡眠のことも書きます。

Sponsered Link




Sponsered Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 三度の飯より読書 , 2018 All Rights Reserved.