帰宅後にブログの作業をする方法:疲れるのは当然なので運動と計画が大事

ブログ運営
この記事は約4分で読めます。
エレ
エレ

仕事から帰ってきたけど、ブログを書くのだるいわ。TVを見てからやる気出すわ。

フタバコウジ
フタバコウジ

あ~、帰った後の飯うめぇ~。作業するのめんどい~。

毎日更新をしようという気持ちはどこへやら。やっぱり仕事から帰って来るとどうしてもブログをサボってしまいます。ブログへの作業時間を作るには仕事から帰ってきた後の行動が大事です。

このような悩みを持つ人のために書きました。

  • 仕事から帰った来ても、ブログの作業が出来ない

この記事で伝えたいこと

  • 帰宅後から寝る前の時間と作業時間を把握しよう
  • 帰宅後は運動すれば前向きになる
フタバコウジ
フタバコウジ

職場から帰って来ると、疲れて何も出来ないものです。帰宅後はどうしても作業しないでサボりがち。

でもこの時間に作業することが大事。やることは簡単です。

この記事を読んでもらえれば、帰宅後に作業できるようになります。帰宅後にブログができない人は参考にしてください。

ブログの作業時間と帰宅後から寝るまでの時間を把握

自分がコントロールできる時間がどれだけあるのか把握しましょう。コントロールできる時間ってなんだよと言えば、数値化にすればいいわけです。

自分にとっての自由時間を正確に知ろうねという話。

帰宅する時間と寝る時間はだいたい把握できます。帰宅する時間は勤務時間を考慮すればいいわけです。仕事の時間はだいたい決まっているから、計画は立てやすいです。

寝る時間も帰宅時間がわかっていれば決められます。

例えば5時に帰宅して、寝る時間は9時だとします。

最大4時間の時間があります。これに夕飯、お風呂、運動を考えると3時間くらいできます。

この3時間の間にブログの作業を割り当ててしまいましょう。で、その時に大事なのがブログの作業時間です。

今すぐスケジュールを作る

仕事の時間が決まっているなら、スケジュールを決めましょう。オススメはグーグルカレンダーです。

こいつを使用すれば、帰宅後の具体的な自由時間がわかります。なんとなく時間はこんだけあるな~と思っていると、結局時間を無駄に消費してしまいます。

まずはどんだけ時間があるのか正確に知るためにも、グーグルカレンダーがオススメです。

作業を細分化し、それぞれの時間を把握する

ブログを書く時間はタイマーで計ることと作業そのものを細分化しておきましょう。

ブログを書くといっても色んなことがあります。

  • ネタを集める
  • ツイッターを書く
  • 書き直す
  • 新しい記事を書く
  • 画像を挿入する
  • リンクを入れる

この作業の時間を自分でどれくらいかかるのか理解しておくことが大事です。今の自分です。

私はネタを集めるのを15分くらい、新しい記事を書くのを45分くらいです。だから1時間あれば新しい記事を書けます。これで1時間です。

あとの2時間はリライトが中心です。たいだい1つの記事を書き直すのに30分~1時間かかります。これで2時間です。

だいたいこれくらいです。

ブログの作業は慣れることである程度時間が短縮できます。私はブログのやり始めは新しい記事を書くのに3時間以上も費やしていましたけど、今では45分くらいで書けます。

だからまずは自分の時間を数字で客観的に把握しましょう。

帰宅後から寝るまでの時間にどの作業がどれくらい時間がかかるのかまず計画を立てましょう。

Sponsered Link

帰宅後の疲れた気持ちをリフレッシュ

エレ
エレ

今日は疲れたし、明日でいいや。

フタバコウジ
フタバコウジ

バイトの収入があるし、ブログは適当でいいかもな。

計画を立ててもやる気がさっぱり出ないことがあります。仕事に行く前は帰宅後に2時間作業するぞと気合を入れても、結局自分に言い訳してしまうわけです。

疲れているから作業したくない気持ちを正当化してしまいます。でも、これっておかしいことでありません。人間は現在の気持ちをどうしても肯定する生き物です。

しかも仕事から帰宅した後に疲れてしまうのは当然です。1日5時間以上も職場に拘束され、他人と接することはストレスです。

そんな1日の疲れを対処するために、気持ちがブログに行かずに休みたいとなってしまいます。

この1日の疲れをリフレッシュするためには、疲れない程度に運動することです。自分にとってしやすい運動がオススメです。

  • 陸上部だったらランニング
  • 野球部だったら素振り
  • 最近散歩の本を読んだなら散歩

なんでもいいからとりあえず運動をすると、気持ちが前向きになります。

まとめ:計画を決めることと帰宅後は運動

計画を決めることでだいだいどれくらいの作業時間でどんな作業ができるのか把握できます。あとは計画に沿って自分の体と脳を動かすだけです。

ただ帰宅後は職場のストレスが溜まっています。そのストレスを解消するには運動が大事です。