コミュ障でもできる挨拶練習方法。1日10回を目標に頑張ろう。

会話
この記事は約7分で読めます。
エレ
エレ

会話の基本である挨拶ができない。う・・・急に口から言葉が出ないよ。

フタバコウジ
フタバコウジ

話しても何故か声が小さくなる。会話なんてしないで、黙ってやる。

気になるあの人とちょっとでもいいから会話したい。いや、そこまではなくとも職場の人と雑談をしたい。

でもいざ話すと「コミュ障の俺では無理」と諦めてしまうのは遅いです。会話をするにはちゃんと練習すればできるようになります。

このような悩みを持つ人のために書きました。

  • コミュ障で全く会話ができない。というより挨拶もロクにできない

この記事で伝えたいこと

  • とにかくノーリスクで練習あるのみ
  • いきなり会話は無理
  • 身近な人から挨拶
  • 相手の目を見るのは挨拶をしてから
  • 回数をこなそう
フタバコウジ
フタバコウジ

俺も昔は挨拶すら出来なかった。目を見て挨拶なんて夢のまた夢。
会話もできないのにどうやって挨拶しろと。
でも何事もそうだけど、まずはハードルを下げること。
コミュ障でもできる挨拶訓練法を共有したいです。

この記事を読んでもらえれば、挨拶ができるようになります。会話をしたいけど、挨拶も厳しい人は参考にしてください。

訓練できれば苦労しない

会話のきっかけである挨拶。挨拶ができない人はそれだけで大損確定です。

性別、年齢問わずに挨拶をしないと相手に良い印象を持たれません。

なんだ、こいつ。挨拶もしないで無礼な奴だな。

挨拶もしないで変わっている人ね。

挨拶をすればいいわけだけど、それが出来ないから困っているわけです。「挨拶ぐらいちゃんとしたいよ」と心ではわかっています。

しかし、挨拶できる人からしたら、「何故こんな簡単なことができないのだ」と不思議でなりません。

挨拶するには鍛えるしかありません。じゃあ「友達や異性と会話すればいいや」でできれば苦労しません。コミュ障に友達はいないのです。

いないからコミュ障なんです。どうすればいいんだよと言う話です。答えは簡単。

何事も一緒でとりあえず自分でもできそうなレベルまでハードルを下げてしまいましょう。

いきなり恋人にしたい人、知らない人に挨拶するのは無理です。まずは気軽に声を掛けられる人からトライです。

最初は挨拶だけでいいから。慣れたら目を見てみよう

会話をする時、目を見て会話をするのは基本です。あまりにも目を見ないで会話するのは「相手にこの人会話慣れしていない」と気づかれてしまいます。

それに挨拶だけで声が出ていないと、この人どうしたのとなってしまいます。やけくそになって挨拶をしないのはNGです。

会話の基本

  • 相手の目を見る
  • しっかりと声を出す

これが出来ればいいわけです。といってもいきなり2つの要素をできないから困っています。まずは1つ。

しっかりと声を出す訓練をしましょう。そして慣れたら相手の目を見ることを心掛けましょう。挨拶は会話の始まりでです。

よく挨拶は言葉のキャッチボールと言われます。相手がいないと成立しないのが会話です。1人で話していても、それは「つぶやき」。

会話は相手がいて初めて成立します。言葉のキャッチボールと言われるわけです。キャッチボールです。

会話で必要な動作はまずは自分からの挨拶です。これはキャッチボールでの最初にボールを投げることです。キャッチボールの練習は壁当てで自分がちゃんと投げられるのか練習します。

え?壁当て??いきなり友達とキャッチボールをすればいいじゃん?はそれはできる人の意見です。できない人は壁当てからやっていました。

壁ならボールを間違えて、変な場所に投げても怒られません。まず自分が投げるボールを投げる練習をします。壁に〇を書いて、そこにボールを投げ込んだものです。

壁に投げ込む練習をすることで自分から相手にボールを投げる動作が身に付きます。キャッチボールは投げる動作と受ける動作が必要です。

壁当ては投げる動作を身に付ける作業です。会話なら最初に挨拶をする動作だと思ってください。

相手にボールを投げられるようになる練習をするのと同様に会話でも相手に何かを伝える動作が必要です。

それが挨拶です。それを鍛えるには壁当てに該当する楽な練習をすればいいのです。

家族に挨拶しよう

実家暮らしなら家族と同居しています。親と挨拶ならどうやってもできます。家族に挨拶しましょう。

フタバ
フタバ

おはようございます、お母さん

エレ
エレ

おはようございます、お姉さん

家族なら挨拶しても大丈夫。だって一緒に生活しているならその時点であなたに気を許しています。一緒に飯食って、一緒に何十年も暮らしているのです。

何も心配もいりません。普通に挨拶して、相手から返事が返ってくるだけです。

親ならいくらでも会話する機会があります。それに挨拶しなかった子供ができるようになると親としても嬉しいもの。

親は息子が挨拶もしないと心配します。表情が暗いからなんだか心配だと。

親の心配もなくして、挨拶もできるようになるのです。1日2回はできます。

朝と寝る前に挨拶だけでなく天気の話題を加えよう

フタバ
フタバ

おはようございます、お母さん。

今日はいい天気だったので、よく眠れました。

フタバ
フタバ

おやすみなさい、お父さん。
天気が悪いので私は早く寝ます。

朝と寝る前に挨拶なら、声が小さくても大丈夫です。何故なら相手も「ああ、眠いのね。仕方ない」と思っています。

それに挨拶をした方も眠いです。

youtubeの動画で挨拶する

youtubeを何回も利用するならオススメ。何故なら全くのノーストレスで挨拶可能だからです。

youtubeの解説動画で動画の最初に視聴者に向かって挨拶します。これ、動画を見ているあなたに向かって挨拶しています。

だからつられて挨拶しましょう。なんでもいいです。相手から鉄拳は来ないし、怒られる心配もありません。

最初は小さい挨拶でもいいです。動画の配信者は「おはようございます」と挨拶しません。

「どうも。○○です。動画を視聴していただきありがとうございます」と言うのが多いです。それにつられてあなたもこう答えてみましょう。

「いつも見てます、○○です。今回もよろしくお世話になります」と。

youtubeなら異性、イケメン、美人の配信者がいます。その人を相手に挨拶しましょう。最初はビクビクするけど、慣れてしまいます。

店員に挨拶する

どこかの店に行くなら、その店の店員に挨拶しましょう。ほぼ100%客に挨拶します。

何故ならお金を貰っているし、挨拶されたら答えないと問題になるからです。店員は接客業なので客に対していつも挨拶しています。

フタバ
フタバ

おはようございます。

いらっしゃいませ、どうもおはようございます。

 

「いらっしゃいませ」絶対に言います。言わないと店員はクビです。店員から「あなたは声が小さい」とか指摘されるケースはありません。

なので積極的に挨拶しましょう。相手は笑顔で挨拶してくれます。

挨拶しない店員がいても気にしてはいけません。その店員の教育がいい加減なだけと割り切りましょう。

画面の人に挨拶

画面の人に挨拶しましょう。画像の人なら挨拶だけでなく相手の目を見つめましょう。

もちろん相手から何の反応もありません。あったらPCの故障です。

エレ
エレ

おはようございます。ジー(相手の目を見る)

こちらは挨拶するなら楽勝です。挨拶したら画面の人の目をよく見ましょう。

意外と恥ずかしい気持ちになります。ただこれも慣れです。1日20秒ぐらい相手の目を見てください。

そのうち慣れます。

慣れたらどんどん違う画像を見ましょう。挨拶して、相手の目をとにかく20秒ぐらい見まくります。

大丈夫、相手はPCの画像です。何回やってもペナルティーは存在しません。

まとめ:会話の練習は何回でもできるから緊張しなくなる

以下のことをまとめます。

  1. 家族に挨拶しよう
  2. youtubeの動画で挨拶する
  3. 店員に挨拶する
  4. 画面の人に挨拶

どれもすぐに実践可能な挨拶です。特に家にいてもできる挨拶は積極的にしましょう。

リスクなしで気楽に何回でも挑戦しましょう。駄目でも問題ありません。壁当てでボールがちゃんと帰ってくるように何度でも繰り返せばいいのです。