8月31日:復習しようと思ったら自分で問題を作れる地名を覚えるツールがない

復習できる学習ソフトを発見する。せっかく地名を覚えたので、記憶を定着させるソフトが欲しいのだ。

午前中

まあ、学習ソフトは簡単に見つかるので、午前の9時ぐらいから読んだ本を読み返したいものだ。

5時

言ったそばからまた寝ている。休日なので寝るのだ。

6時

10分に起床。覚醒のためにPCを起動。まあ、記憶アプリは今の所、英単語を覚えるQuizletしか利用していない。

なんでも覚えるためには記憶・学習ソフトは多くあるらしい。いっぱいあるのね。とりあえずankiというソフトを使用してみる。

何故ankiを選択したのかは日本語での説明サイトがあるからだ。英語で説明されてもわからないし、vistaにも対応しているバージョンもあった。

はじめてのAnki – まず使ってみる
分散学習システム Anki を今すぐ使い始めるのに最低限必要な使い方を紹介します。最新版 Anki 2.0.35 に準拠しています。Ankiをダウンロードして、記憶するカードを作成し、学習してみましょう。画像や動画、音声を追加する方法、学習中に音声ファイルを再生する方法も取り上げています。

まあ、どんな感じだが使う前に、インストールして御飯だ。朝ご飯は質素におにぎりと味噌汁だ。あときゅうり。

まあ、こんなものでも良さそうだ。

7時~11時

私のしたいことは地図の画面を使った地名を当たる問題を作成したい。そう思ってankiを使用した。だがこのanki画像を挿入できるけども、イチイチ問題を一個ずつ作成しないといけない。

1つの画像で複数の問題を作成する方法はないかと思って、設定をいじくるもできない。まあ、初期設定に戻せばいいと思ったら、初期設定の戻し方がわからない。

途方に暮れて、色んなアプリがないかそれともankiでいいかとストレスが膨大に溜まる。あまりにも時間がかかり、本を読む時間もない。

だが、見つけないと地名もわからない。とんでもない不満が溜まる。どこに地名を覚えるソフトはないのかと探すけど、アプリばかり。

俺はスマホを持ってないんだよ!あ~~~~~。むかつく。

自分で問題を作成したいので色んなサイトを見つけても駄目だ。そんなに英語を覚えたいのか!

Sponsered Link

むかついた時に読みたい本を登録したけど、とにかく見つけられない自分が腹立たしい。

もうとにかく探すまで、1日中イライラしていた。このまま血管切れて死ぬかもしれんな。まあ、仕方ないよな。

午後もずっと探しまわった。けどないよ。

コメント