8月21日:俺たちに明日はない

水曜日は1番仕事が長いので、帰宅後もあんまり勉強できないだろうな。

午前中

ほとんど仕事なんです。朝の6時から仕事だからできることない。

4時起床

起きたのは4時20分。そこから飯を食う。朝食は白米、味噌汁、焼き鳥、焼たらこ、豆腐。

勉強できる時間も少ないので、るるぶを読んでいる。

6時~12時

仕事へ。煽り運転には遭遇したくない。無事職場へ。なんでも一緒に働いている外国人は掛け持ちで深夜から朝の8時~9時まで働いているようだ。辛すぎる。

というより、留学生が規定通りの労働時間を守っていないとの話は本当だな。まあ、現場は困っているし、俺には何もできないよな。一緒に生活する?いや無理だ。

支援する方法もないし、まあ諦めるしかないよな。

帰宅したのは12時44分。疲れるね~。

Sponsered Link

午後

俺たちに明日はないを見る。

13時

13時11分から昼食。チャーハン、味噌辛ラーメン、キムチ、メンチ、焼たらこ。もぐもぐ。ちなみに弁当屋のチャーハンとインスタンラーメンだ。健康に悪いのは思えない。

何故なら最近のコンビニの料理は規則が厳しいので、よほど健康に悪いものはない。毎日コンビニだと体には悪いけど、たまになら問題ない。

13時46分食事終わり。あ~疲れた。るぶぶで地名を覚えたけどどうやって覚えるのかな?

英語をやる。一体どれくらい同じ英文を読めばいいのだろうか?テストもないし自分でもわからん。

14時

14時46分。とりあえず英語を1時間勉強した。語学の勉強ってもっとこう簡単にできる方法はないのだろうか?とにかく聞いて読むだけだけど飽きる。

DMM英会話でもする時期なのだろうか?それとも違う英文の挑戦する時期なのかもしれない。

もはや完全に気持ちはきれた。何をやるにも疲れた。こんな時こそDVDの出番だ。俺たちに明日はないを見る。どうやら破天荒にやって最後に死んでしまう映画らしい。

見ようと思ったら、PS3の調子がおかしい。さすがに5年以上の使用しているからなもう駄目かもしれない。

と思ったら起動。なんだ、まだやれるじゃないか。頑張れ、PS3.

15時~17時 俺たちに明日はない

15時ごろから起動。そのまま17時まで見てみた。なんというかいまいちな映画だった。

主人公のクライドが銀行強盗をしている理由がよくわからないのだ。何故強盗を続けるのか、始めた動機がわからないので、世界観にまったく私は入ることができなかった。

世の中に不満があるのか、その不満を解消するには他にも生き方はあるわけだ。強盗へのあこがれがあるのか、銀行への恨みがあるのかよくわからない。

アウトローに生きようとする理由がよくわからないのだ。どうして普通に生きるのができないのかをしっかり描写しないでガンアクション、恋愛をされても私は話についていけなかった。

刺激がない、自分にとってやりがいのあることをしたいのはわかる。しかし、何故に強盗なのだろう?見ていて最後までわからない作品だった。

で、色々調べてみたら、なんとこのボニーとクライドは1930年に実在した人達だったようだ。

なんだ、それなら納得だ。これはある程度話が出来あがって話なのである。そのボニーとクライドの話がどこまで本当なのかは調べていないのでわからない。

まあ、源平合戦のドラマ見るのに何故義経が源氏の武士なのかなんて疑問に思ないのと一緒だよな。クライドは強盗をする設定はもうこれ説明不要なことなんだな。

なんだよ、それが解っていれば最初から面白く見れたのに。これは1930年アメリカを舞台にしたアウトロー映画だったのね。

見る前にwikiとか下調べしてから見れば良かったよ。トホホ・・・。調べてみると最後のシーンも当時としては画期的なシーンだと知った。

俺たちに明日はないを見る前にこのサイトを見ておこう。ネタバレOKだというなら見ないと損するぞ。

 

18時:ポニーとクライドは定番の話だった

俺たちに明日はない。面白いじゃないか。見た時はつまらないけどと思ったけど、調べてみると当時の時代背景のこともわかる。

そうか、ボニーとクライドってアメリカでは定番の話なのね。映画や小説にもなる有名なテーマ。

なんだかんで3時間以上俺たちに明日はないからビニーとクライドについて調べていた。いや~知って良かったよ。

アメリカの鉄板テーマを知れて、満足である。けど少し疲れてから運動をする。座りっぱなしだったので。いつも通りかかとあげとももあげである。

18時55分から。かかとあげともも上げは単調な運動で飽きるので、音楽を流しながらやると継続できるぞ。

19時

19時5分まで運動。今日は英雄たちの選択だ。始める前にお風呂と運動をしてしまおう。にしても大正自由教育運動って初めて聞いた用語だ。

なんでも生徒を型にはまずに自由な教育を目指す運動とのこと。国家の言われた通りに勉強するようになった時代のような印象なんだが、これは面白そうだ。

大正の教育については何も知らないから非常に興味がある。ぜび、見たい。

20時:英雄たちの選択

見て、感想を書いて、そのまま寝る。

コメント